FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

動けない日。

三連休の真ん中で、昨夜は雨が降っていたようです。
それが、悪かったのか気分が朝から優れない感じで、ちょっと「あ、今日はダメだな」と朝の段階で思いました。
朝のくぅちゃんのお散歩をしたら、ぼんやりアニメをみてすごしました。
ただ、3本見た段階で見続けることができなくなって、見るのをやめました。
お昼までは後はぼーっと過ごしました。
お昼を食べて、予約していた床屋へ行ってきて、帰ってきてからは午睡。
午後のくぅちゃんのお散歩へ行ったあとは、また、横になっていました。

ダメな日だという自覚があったので、何もできないのは自覚していたのですが、それにしてもこれは…。
明日が休みでよかったなぁと思いました。
これ、たぶん、明日も引っ張ってしまって明日も動けないパターンだとおもうんですけれど、これが明日平日だったら目も当てられない体たらくになっていたところでした。
たぶん、会社には行ったと思いますけれど。

こういうときって何をやってもダメなんだよなぁ。
動けない日っていうのがどうしてもありますね。こればっかりは仕方ない感じです。

 

本日のケーキ。


一ヶ月に一回の自分へのご褒美、本日のケーキ。
新宿高野のあまおうフレーズ。
何回も食べているケーキだけれども、おいしいのでまたチョイスしました。
大きいあまおうが、てんと乗っているのが特徴ですが、このあまおうが絶妙においしいですね。

今日は普段買っている渋谷のお店ではなくて横浜のお店に行ったんですけれど、渋谷の店舗に比べておいてるケーキのバリエーションが多く感じました。
実際のところ、ホームページに乗っているケーキがおいていあるだけなんですけれど、渋谷だと全部はおいてないような印象があるんですけれど、どうなのかしらね?
渋谷はフードショウ内の店舗位置が変わったりしているから、微妙に安定していないというのはあるんですけれど。
そんな中、今日はちょっとケーキのチョイスに迷いましたよ。
スカイベリーフレーズっていうケーキがいちご尽くしでおいしそうだったのと、モン・フレーズっていうケーキもマスカルポーネチーズのクリーム利用でおいしそうだったんです。
で、結局、あまおうフレーズにしたのですが、決め手は値段と高野であることであまおうがおいしく頂ける保証がされているというところでした。
スカイベリーフレーズは高すぎてちょっと買うのに躊躇する値段、モン・フレーズに使われているいちごはブランドいちごじゃないという理由から、あまおうフレーズをチョイスしました。
まぁ、満足です。

美味しいものを食べるっていう心の洗濯は必要だよね。

 

身体と心が調子よくありません。

身体と心の調子がよくありません。

身体の方は、今、肩を壊しているのですが、そのせいかひどい肩こりがします。
ずっと首と肩に重い痛みがあって、ちょっと辛い。
怪我をしてしまったので致し方なしといったところですが、つらいものはつらいですね。
湿布をはるのと、リハビリをしに医者に通っていますが、まだ壊してからそんなに経っているわけではないので、まだ回復には至っていないという感じですね。
それでも当初よりは痛みとかが減っては来たんですけれど、それにともない、肩こりがでてきて困っています。
ひとつ悪いところがあると、他もつられて悪くなる傾向があるので、この肩こりを切っ掛けとして、いろいろ調子が悪い感じがします。
眩暈とか頭痛とかですね。

心の方は鬱の症状がでていて、動くのがつらいという感じ。
僕の鬱はまだ精神的な症状は重くないので、自殺衝動とかは出てくるわけではないのですが、ずっと気分が沈み込んだ感じになります。
すると、動くのがすごくおっくうで、何をやるにしても多大な労力が必要となります。
このblogを書いているのも書けているのも一重に習慣だからという理由以外にはないと思います。
習慣化されていない行動はちょっと初動に時間がかかりますというか、動けなくて硬直する場面も多いです。
何もできずに気ばかり焦ってしまい堂々巡りになるというパターンですね。
よろしくないよろしくないです。

なんとかゆっくりと身体と心を治したいんですけれど、3連休でうまくいきますかね?
うまく行ってほしいですね。

 

好きなら好きでいいじゃない?

僕は趣味として、いろいろなお話を見たり聞いたりすることが好きです。
その結果としての読書であり、アニメ鑑賞であり、映画鑑賞であったりするのですが、僕は見聞きしたそれらについて、書評やアニメ感想としてBlogにアップしています。
で、自分の感じた感想と他の人がどれだけ同じような感想をもったか、それとも違った感想を持ったかとかが気になることがあるんですね。
例えば、見たり読んだりしている間にあまり評判がよくなかったと聞いてしまったのだけれど、自分は面白かった、好みの作品だったと思った場合、他の人はどこが嫌いだったんだろう?と感じることがあります。
で、他人の感想を見て、自分と反対意見が書かれていて、ちょっとそれに納得しちゃうときってあるんですよね。
そういうときに、せっかく好きな作品に出会えたのに、そのうれしい気分が壊されてしまうことがあります。

でもね。
それってさ、ちょっとした気の持ちようだと思うんです。
自分が、好きだと感じたのなら、それでいいんじゃないかなと思うんです。
人がどういう風に評価していたとしても、自分にはその作品はあってたということだし、面白いと感じた自分の気持ちに嘘をつく必要はないと思うんですよね。
心を正常に保つためにも。

人が言っていることに納得できたとしても、それは事後の感想、知識であってさ、自分がその作品から受け取ったことじゃないんですよね。人の感想を見て感じた2次的なものでしかないんですよね。
そのことをきちんと自分の心に刻んでおかないと、自分の思いが曲げられてしまう可能性がある。
そう思うんですよね。
好きなものをちゃんと好きって言えた方がいいと思うんですよ。
他人がどう思っていようと、好きなら好きでいいじゃない?
そう、思ったのです。そんなことをちょっと思ったので、この記事を書いてみました。

好きなものは好きでいいじゃない?

 

うまく行かなかったなぁ。

ちょっとお仕事中に本で読んだ仕事の進め方みたいなことを試してみました。
少し応用できるのではないかと思って。
僕のお仕事はSE/プログラマーで、割とビジネス書で出ている仕事の進め方みたいなのを応用するのは難しい業種なのですが(ビジネス書のターゲットは営業職をメインに書かれていることが多い)、応用できることはあるだろうと、ビジネス書はそれなりに見るようにしています。
それで、仕事の進め方みたいなのに載ってた方法が今回、仕事の場面にマッチしそうだったので、試してみたのですが、うまく運ばなかったです。
まぁ、1回ダメだったからダメという訳ではなくて、僕の誘導の仕方とか、そのやりかたの運用面に僕が習熟していないというのも原因でしょうから、またマッチするシーンがあれば、試してみるというのはいいことかと思っています。
まぁ、今回はうまく行かなかったと。
ちょっと残念でしたが、まぁ、仕方ないですね。
次の機会にまた試してみましょう。トライアンドエラーが大切かな。

 

眩暈でダウン。

昨日の昼間からやな予感はあった。
気分が優れないというか、鬱の症状が出てて、気分がダウン傾向だったのね。
なんとか、普段通りを貫き通して過ごしたのだけど、寝る前とかにはかなり悪くなってて、ちょっとダメかな?と思いながら就寝しました。
結果的にはあまり寝付けないまま時間が過ぎていき朝になりました。
夜半過ぎから眩暈がしていて、だめだなと思いました。
今日は会社をお休みしました。

僕みたいに鬱の症状が気分的な傾向より体調にでる人ってどれくらい居るのかな?なんてことを考えながら今日一日横になっていたけど、寝れなくてちょっとつらかった。寝てしまえれば体調不良も関係なく、時間を過ごせるのだけど、30分ごとにふと我に返ると目が覚めていて、時間を確認すると同時に眩暈のつらさを感じる一日でした。

よくないね。
寝れないっていうのはとてもよくない。
明日までに復活できてればいいのだけど、テレビのような動く画面は眩暈でみれてなあ。
スマホの画面くらいなら長時間じゃなきゃみれるけど。動かないからね。
動く画面だとたぶんきついんだろうな。
早くよくなってほしい。

 

X-アプリからMusic Center for PCに移行しました。

SONYさんの大決断。
楽曲管理ソフトであるX-アプリとMedia Goを廃止し、新しい管理ソフトであるMusic Center for PCへ移行することが発表されました。
それに伴い、X-アプリやMedia Goで使えていた楽曲配信サイトであるmoraでの購入も昨年11月末でX-アプリ、Media Goでのサポートを打ち切り、X-アプリやMedia Goではダウンロード購入ができなくなりました。
また、X-アプリやMedia Goのアプリ自体の配布も昨年12月で終了。
完全にMusic Center for PCへ移行を促す体制となりました。

まぁ、アップデートはできないとはいえ、mora以外の配信サイトを使うこともできますし、mora自体もブラウザから購入とかできて、別途取り込めば利用はできるんです。
無理に移行する必要はないと言えばないのかもしれませんが、12月以降はX-アプリやMedia GoはSONYさんのサポート外となります。
で、僕は楽曲管理にX-アプリを利用していました。
ここで移行せずにそのまま使う、もしくは移行するという選択肢があるわけですが、やはりサポート外になるのは嫌だったので、あまり評判はまだよくない状態とはいえ、Music Center for PCへ移行することにしました。

移行するのは良いとして、気になるのはDRM付きの楽曲の扱い。
Music Center for PCで扱えるのか調べたんですけれど、移行作業を始めた11月にはまだ情報がなくてですね、扱えるのかわかりませんでした。
ただ、SONYさんの態度としてDRM付きをサポートしない方向へ流れていくというのが従来のスタンスだというのがありました。
Media Goがまず対応してませんし、新しいWalkmanでDRM付きをサポートしない機種なんかも出てきています。
なので、この段階で、僕はMusic Center for PCではDRM付きはサポートしてないであろうと判断して、DRM付き楽曲をどうするかの検討を始めました。
まず、CDに焼ける楽曲はCD化して再取り込みすることでDRMは解除できますので、これをやることにしました。この方法が取れない楽曲は今、ダウンロードサイトから購入すればDRMは付いていないので、再購入するということにしました。
カウントしてみるとDRM付き楽曲が約300曲ほどあり、CD化できない曲が15曲ありました。
まぁ、再購入に踏み切れる数ということで。

で11月からちまちまとCD化したり、再取り込みしたりして準備をしていました。
で、昨日、再取り込みが完了しました。
なので、Music Center for PCをインストールして移行しました。
まず、X-アプリへWalkmanから楽曲を引き上げます。これは念のための作業なのですが、X-アプリに戻ったときにきちんと使えるようにへの用心です。
そして、Walkmanの中をいったん初期状態へ戻します。これは、X-アプリとMusic Center for PCでWalkmanへの楽曲の入れ方が異なるため、Walkmanの楽曲をそのままにしてるとMusic Center for PCで管理ができないという事態になるための対処。
これは準備期間で得た情報にしたがったので迷わず実行できました。
んで、Music Center for PCへX-アプリのライブラリを移行して、移行作業は完了となるはずだったのですが…。
DRM付き楽曲が実はMusic Center for PCで使えるということが判明していてですね。再取り込みしたのとDRM付きの楽曲がダブってるという状態になってました。
ここでDRM付き楽曲は今後使えなくなることを考えて、Music Center for PCの管理からDRM付き楽曲を解除します。
で、再購入すべき15曲をmoraから再購入。
で、移行作業してた間、購入できなかった欲しかった楽曲を追加で購入し、管理の方は移行完了。
Walkmanへ楽曲を全部転送。いくつか容量の問題で転送しないのもありますが、ほとんどの楽曲はそのまま転送して、Walkman側も移行完了しました。
長かった。

Music Center for PCの使い勝手ですが、X-アプリがベースになっているアプリケーションなので基本的な使い方は一緒なので迷いませんでしたが、プレイリストは別途転送しないといけないことが分かりました。
X-アプリは自動転送とかあったので気にならなかったのですが、プレイリストの管理と楽曲の管理は別にしないといけないということらしいです。
あと、これは細かいバグだとおもうけれど、Walkman内の楽曲名の表示が登録されている楽曲名ではなくファイル名で表示されます。
CDから取り込んで後から情報を設定したものとか未タイトルというファイル名で作られるんですけれど、そのファイル名になってやんの。
管理しにくいじゃん。
あとはちょっと不安定っぽいのと、動作がのろい感じがするほかは、まぁ使えそうです。
まだ、出たばっかりのアプリケーションなので、これからよくなってくれればいいと思います。
というか、バグは早く直せ、SONYさん!(笑)

 

夢が映画のようでした。

夢を見ました。
昨晩はパソコンのバックアップ作業に時間がかかっていて、電源が入りっぱなしで深夜の静かな状況の中ではHDDの駆動音や静音を謳っているとはいえファンの音がしていて、結構きになりました。
また、電源のLEDランプが小さいんだけれど青色の結構光量があるもので部屋が青く色づいている状態でした。
些細なことなんだけれど、眠りが浅い状態で、それは自覚していました。
4時に目がさめるしあんまり良く寝た感じはしませんでした。
でもそういうときって、結構記憶に残る夢をみるもので、昨晩見た夢はまるで映画をみているような感じの夢でした。

ジャンルはファンタジー。
ちょっとSFっぽい雰囲気もあった感じがしました。
竜がでてきて、あまり大きくはない。
竜の体内からは竜石という鉱石がとれて、それが高効率なエネルギーを得るための動力炉になるということで、狩人によって竜が狩られていく世界。
主人公の青年を俯瞰するような感じで僕は夢をみていて、その青年は狩人見習いでまだ一人では竜とは戦えない人物です。
なのにひょんなことから、竜を倒してしまい竜石を手に入れます。
その竜石にはナンバリングがしてあり、そのナンバリングされた竜の存在が問題ということで追跡隊が組織されます。
倒された竜は仲間の竜によって助けられ、逃亡している。
それを人がレーダーみたいなので追跡しながら、冒険するという話でした。

何故、竜の石にナンバリングがされているのかとか、謎は謎のまま。
というか4時に目が覚めてしまったので続きが見れてない感じでした。
というか続きが気になった。
青年や竜はどうなっちゃうんだろう?とか思いながら目を覚ましました。
夢ってさー、たまに映画っぽい内容の見るけれどさ、ラストがいつも見れないんだよねぇ。
これ何とかならないのか?
映画館で途中で退場になるようなもんだよ。最後まで見せてくれよ。

 

ボーカロイド曲でも人が歌ってるのが欲しい。

Youtubeやニコニコ動画でボーカロイド曲などをよく聞きます。
ですが、ボーカロイドが歌っている楽曲をそのまま聞くのではなく、だいたい、人が「歌ってみた」としてカヴァーした曲を聞いています。
ボーカロイドも調教次第ではかなりいい線に発音するようになってきていますが、やはり人の生の声にはかなわないというのが僕の感想。
なので、ボーカロイド曲でも人が歌ったのを好んで聞きます。

人気曲だといろんな人がカヴァーして歌っているので、いろいろなバージョンで聞けたりします。
中には声優さんが歌ったケースなんてのもあるみたいで、なかなかに面白いです。
また、その楽曲の解釈が歌い手さんによって違うので、歌い方もそれぞれ。
同じ曲でもちょっときつい感じに歌っている歌い手さんがいると思えば、優しい感じに歌ってる歌い手さんがいたりして、面白いです。
自分の感性とあった歌い手さんがいるとちょっとうれしいんですよね。

で、そういった感じに気に入ったボーカロイド曲を欲しいと思ってもですね。
思った歌い手さんが歌ったCDや配信があるわけじゃないんですよね。
というよりも「歌ってみた」のほとんどはCDや配信があるわけじゃない。
人気のボーカロイド曲であれば、ボーカロイドが歌ってるオリジナルの曲はだいたいCDや配信で手に入るんですけれど、人が歌ってるのは運しだいってことになります。

この運ってさ、結構な確率でダメなんだよね。
どういう基準で歌い手さんが歌ったCDがでるのかは分からないけれど、あ、この人が歌ったバージョンが欲しいと思っても大体出てないの。
買えないの。
Youtubeやニコニコ動画が見れる環境じゃないと聞けないの。切ない。
今回は、アスノヨゾラ哨戒班という曲でそれにあたった。僕の気に入った歌い手さんのバージョンはCD化や配信はされてないみたい。
残念。
Youtubeやニコニコ動画で人気の歌い手さんのは一同に集めてCDとか配信してくれないかなぁ。その中から好きな歌い手さんのを買うみたいなことができればいいのになぁとちょっと思いました。
でも、無いので、おうちでデスクトップの前に座って聞くことにします。

 

んー?順番が逆じゃないのかなぁ…。

ちょっと気になっていることがあってもやもやしています。
とはいえ、本当に細かいことで、細かすぎて、何を気にしているんだ?というはなしになるのですけれども、気になっちゃったのだからしょうがない。
本当に細かいことでどうでもいいようなことなんですけれど、とりあえずBlogのネタもないことですし、それについて書いてみようと思います。

空の境界の20周年限定版の通常版を買ったのは先の記事で書いた通りです。
これは空の境界の今までに発表された分をハードカバーで3分冊にまとめた本になっています。
本編が上下巻で2冊。残り1冊は本編発表後に追加で発表された未来福音と終末録音をまとめた本になっています。
これのタイトルが気になっているんです。
気になっているのは本編の2冊分。
Amazonの商品名を検索してみると「空の境界 the Garden of sinners 20周年記念版 通常版(上)」、「空の境界 the Garden of sinners 20周年記念版 通常版(下)」となっています。発売元の星海社のHPでは「空の境界 the Garden of sinners 20周年記念版通常版 上巻」、「空の境界 the Garden of sinners 20周年記念版通常版 下巻」となっています。
表記ゆれはありますが、単語の並びは一緒なので、星海社のHPに書かれたタイトルが僕が買った本のタイトルで間違いないんだと思います。
で、気になっているのは「上巻」「下巻」と書いてある位置。
これ、最後にかかれてるのですけれど、「20周年記念版 通常版」の前に入るのが正しくないだろうかと思うんですよ。

この書き方だと「20周年記念版 通常版」の上下巻であるように見えちゃいません?
上下巻に分かれているのは空の境界本編なわけですから、正しくは「空の境界 the Garden of sinners 上巻 20周年記念版通常版」とかにならないと変じゃないと思ったのです。
3冊目にあたる未来福音と終末録音を収録した本のタイトルは「空の境界 未来福音 the Garden of sinners/recalled out summer 終末録音 /the Garden of oblivion 20周年記念版 通常版」となっていて、未来福音と終末録音が空の境界というタイトルの後に来ています。もし上巻下巻という表記が一番後ろなのが正しいなら、この未来福音と終末録音の分も一番後ろに書かれるのが正しいのでは?と考えてしまって。もやもや。

いや、気にするほどのことでもないんだと思います。本自体には空の境界というタイトルの下に上下と書かれているので、20周年記念版とかいう文字は入りませんので…。
でも、なんか、こう、気になってしまったのです。
んで、納得できる記載はないかなぁ正式なのでと本を眺めてみた結果、ありました。納得できる記載がされている場所。奥付です。
ここには「空の境界 the Garden of sinners 上 20周年記念版通常版」、「空の境界 the Garden of sinners 下 20周年記念版通常版」とありました。
僕は正しかった。とちょっとすっきりしたというお話。
取るに足りない、何のことはないお話。

 

« »

02 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト