FC2ブログ

FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

グイン・サーガ107 流れゆく雲

グイン・サーガ107 流れゆく雲

栗本薫:著
丹野忍:イラスト
ハヤカワ文庫JA


このアイテムの詳細をみる

久しぶりにグインが出てこないグイン・サーガ。(笑)
グインが居ないことで振り回されている人たちの、グインがスーティ達と脱出した直後の様子を描いたこの巻は、あとがきにも書かれていますが、一息ついてねといった巻。

カメロン&イシュトヴァーン。
リンダ&レムス。
ケイロニアの人達。
リンダ&ヴァレリウス、ヨナ。

その組み合わせでとりあえず、みんな一息づつつく感じ。
とりあえず、みんなグインのせいで(リンダとレムスは違うか)、引っかき回されて引っかき回されて大変ですねー。
しかも、みんな、グインらしくないって思っていながらも、微妙にはずれ。
まぁそりゃ記憶喪失してますっていう発想はないよなぁ。
記憶喪失って昔、グイン・サーガくらいの文明レベルの時ってどういうふうに扱われてたんだろう?
グイン・サーガでは、グインと今一緒に居るマリウスやリンダ、スカールなんかは記憶がないですって言われて驚くことは驚きますが、受け入れてる感じですけど。
普通の状態じゃないんで、現実の歴史的にはどういう風に扱われたのかがちょっと気になりました。割と酷い扱い受けたんじゃなかろーか?
まぁ、例えそうであっても、グインの場合は王様ですから、周りが丁重に扱うのは分かってますが。

カメロンとリンダはなんか、苦労が少し報われた感じで良かったですね。
でも、それで安心すると馬鹿を見るのでは無かろうかと思わせてしまうのがグイン・サーガならでわだよなぁ。
あのイシュトヴァーンがそう簡単にいくものですかとか、どうせまた、暗黒面に落ちるんでしょうレムス…とか、結構酷い予想をしちゃいました。
レムスはどうなるかよく分かりませんが、イシュトヴァーンは、結局、ずっと流血王とか言われ続ける運命だろうしなぁか思ってしまう。
なんか、人生でボタン掛け違っちゃって、幾ら修正しても修正してもうまく行かないっていう例をイシュトヴァーンは背負っちゃってる気がするんですよね。
だから、一時、ちょっとよさげに見えてもそれは、一時的なものにすぎないと思わせちゃう。
それでも王様にはなりましたけど…。周りから後ろ指、指されまくりですし。
報われないんだろうな。イシュトヴァーン…。というか、それに振り回される人生選んじゃったカメロン…。グイン・サーガで一番不幸なのって実はカメロンなんではなかろーか?
さわやかーな、息抜きの巻でそう思わせちゃうくらい、前の巻まで不幸の連続ですよ…。この人達。(笑)
スポンサーサイト
Comments

Body

« »

08 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト