FC2ブログ

FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

電撃劇場文庫

電撃劇場文庫電撃劇場文庫
キノの旅 the Beautiful World 劇場の国 -KINO-
時雨沢恵一:著
黒星紅白:イラスト
灼眼のシャナM
高橋弥七郎:著
いとうのいぢ:イラスト
いぬかみ! スペシャルエディション
有沢まみず:著
若月神無:イラスト

電撃ムービーフェスティバルの劇場限定発売の文庫。
3冊が箱に入っていて分冊不可。
いぬかみ!よんでねーよ。単発だけで大丈夫なのか?と言う疑問もあるのですが、キノの旅と灼眼のシャナの書き下ろし分があるとのことで、それ目当てに購入~。

キノの旅 the Beautiful World 劇場の国 -KINO-
プロローグ、エピローグは1巻のものと同じものの再録。
優しい国(2巻収録)の別バージョンと書き下ろしのキノがエルメスな話と、平和な国(1巻収録)の再録。
そして作者による各巻解説。

書き下ろしのキノがエルメスな話は、よくある人格が入れ替わると言う話しで、キノがエルメスになってて、エルメスがキノになってると言う話しです。
これはネタ的には面白みのない入れ替わり話しなんですけど、キノとエルメスの場合だと、人間とモトラド(要はバイク)ですからね。
立場が違いすぎて面白かった。(笑)
キノの普段の冷静さをエルメス(といっても中身はキノ)が担当して、エルメスのわりと考え無しなところをキノ(といっても中身はエルメス)がやるとこーまでうまく行かないかというのが。(笑)
キノの台詞通りすぐ、旅の途中で死んじゃいそう。というか、パースエイダーの弾が当たらないから、戦いになったらアウトだなぁという話し。

優しい国の別バージョンは作者が何処が違うか書いてるので、それを確認しました。
凄い重要な部分が無いのが2巻のバージョン。あるのがこの劇場文庫に収録されたバージョン。
どちらが良いのだろう?2巻には無い方が収録されたと言うことは、悩んだ末に作者はそっちを取ったってことだよね。
キノの「エゴだよ」と言う台詞がかかる対象が、このバージョン違いで大きく変わるところです。
結果的に台詞的には、かかる対象が変わるんですが、キノの心情的には変わらない。
でも、劇場文庫のバージョンだと、読者によってキノの心情の取り方が変わる可能性が高い。でも作品の完成度としては、おそらくは劇場文庫のバージョンの方が高い。
悩みどころだったろうなぁ。
もし、優しい国がこの劇場文庫で初めて収録されたんだったら、このバージョンで収録されただろうな。2巻の時点でこれをやっちゃうと、キノと言う人物像がまだそれほど描かれていない段階だから、仕方なかったかも。
キノが冷静で冷たいだけの人物ではなく、優しい所のある好人物であることが分かっている今だからだせるんだろうな…。

作者による各巻解説…。未だに気づいてない人が多いですと連発されますが…。
1つ、はがねも気づいてなかったのがありました。
つーか帯はずさねーもん!きがつかねーよっ!
全部初版でもってるんだぜー!必ず帯付いてるもん!きがつかねーよっ!(笑)
要は全部のあとがきが普通じゃないって話しなんですけどね。
9巻のあとがきは確かにまともだったよ。違和感感じたよ…。負けた。(笑)

灼眼のシャナM
短編集0に収録されたオーバーチュアと書き下ろしのノーマッドの2つの中編を収録。
映画で展開された小説第1巻の内容の直前直後の話しと言うことで、この2編を収録したらしい。
小説としては書き下ろしなのであるが、ノーマッドも以前ドラマCDで出てる内容であると言うことで、全く新しい話しが収録されている訳じゃないのが、キノの旅とは違う所。
はがねはドラマCDは聞いてないので、ノーマッドは初でした。
映画の前後と言うことでシャナが「ただの」フレイムヘイズであった頃のオーバーチュアと、シャナ言う存在になった後の対比があって面白かった。
ノーマッドのシャナはまだシャナに成り立てで、あまり変化があった訳じゃないはずなのですが、本編の進行度合いに引っ張られた感じなのか、1巻の後より、悠二との親密さが少し上がっている様な気がします。
しばらくもっと素っ気なかった感じがあったんですけどね。

ノーマッド自体は、ちょっと悲しい話し。
燐子であるノーマが、今は亡き主であるフリアグネの痕跡をたどって、悠二にたどり着くと言う話し。
単純で、フリアグネからすれば道具のような立場だったからこそ、高性能ではないが故に、純粋な、とても純粋な忠誠心から行動しているノーマがちょっと可哀想な話しだった。
勝てないと分かっていたのに。逃げもせず、シャナに向かっていくしかなかった悲しさがそこにありました。
なんか、フリアグネは部下には優しい(愛しいマリアンヌとか言って人形撫で回してるちょっと微妙なお方でしたが…)紅世の王だったので、もしシャナにフリアグネが打たれなかったら、このノーマは幸せだったろうなと思いました。
もう少し、高度な能力を持っていたとしてもそうでしょう。
なんか、ペットが飼い主に向ける忠誠心。それが思い浮かびました。
ノーマの姿格好も丁度、猫のぬいぐるみですしね…。

いぬかみ! スペシャルエディション
短編2編収録。それと、作品紹介の数ページのコミックと、犬神紹介が載っています。
収録された2編は、犬寺狂想曲ホテルバージョンというのと、女たちのバトルロワイアル。いぬかみっを読んでる会社の先輩に聞いたのですが、女たちのバトルロワイアルは9巻だかに載ったのの再録だそうです。
犬寺狂想曲ホテルバージョンというのは、冒頭に作者の註釈があり、3巻に載ったののプロット版みたいなものでお蔵入りしたバージョン違いだそうです。
そのほか、いぬかみっのコミック版を担当してる方によるショートコミックでの作品紹介と、登場する犬神のキャラ紹介が載っています。
いぬかみっ本編を読んでいないはがねにとっては、このキャラ表は凄く助かった。
顔のイラストが載ってるので映画でのイメージでどんなキャラか把握出来たので。

話本編は、映画と同じようなノリというか、あーアニメ化の際に比較的原作に忠実な制作が行われたんだなと納得。
普通に、ギャグ小説(?)として面白かったです。
スポンサーサイト
Comments

Body

« »

07 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト