FC2ブログ

FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

イスカリオテⅡ

イスカリオテⅡ

三田誠:著
岸和田ロビン:イラスト
電撃文庫


このアイテムの詳細をみる

1巻を読んだ時の感想としては、2巻以降を読むかどうかを判断に迷う感じではあったんだけど、読み始めたシリーズを途中でやめれない性なので、結果的には読むことにした。2巻まで読んだ感想としては、僕の好みに合っていて当たりだった感じになってきたと言う所。

1巻で物語りの導入、基本設定を説明しつつ話が進行していったという感じで、この巻では、それを受けて設定を補完しつつ、話が展開されていく感じでした。
1巻の状態から断罪衣の資格者ってのは増えないかな?と思っていたのですが、うまい理由を付けて新キャラ登場で資格者が増えてます。当然、断罪衣もバリエーションを増やしたという事になります。
この作品における断罪衣ってのは、ロボットアニメで言うロボットですので、バリエーションが増えるのはうれしい限り。

三田さんの著作は前は精獣戦争を読んだのですが、その時に敵の持つおどろおどろしさというか、気持ち悪さ、生理的、精神的に受け付けない感じというのを描写するのがうまいなと思っていたのですが、その部分はやはりこのイスカリオテにも受け継がれている。
敵が気持ち悪い。
今回の敵は雑魚っぽい印象を受けたのですが、気持ち悪さはこちらのが上でした。
しかも、この作品の敵って悪魔的な感じではあるものの、元が人間の感情や心情に根ざしたところがある(大罪を扱ってるから)ので、割かし敵側にも感情移入しやすいというか、そういった面でちょっと鬱になれる感じ。

そういった人の心情論を語る作品は大好き(が読み過ぎると鬱傾向に)なので、この作品はあたりだったかなという結論にたどり着きました。
スポンサーサイト



Comments

Body

« »

05 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト