FC2ブログ

FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

ID:INVADED イド:インヴェイデッド

Fate/Zeroやアルドノア・ゼロの監督であったあおきえい、シリーズ構成、脚本を舞城王太郎がというタッグで話題を呼んだ作品。
SF要素ありのミステリ作品。
1クール13話で放送されました。

舞台は現代の日本なんですけれど、オーバーテクノロジーな技術が出てきます。現実にはないミズハノメという装置と殺人現場に残された殺意を収集する機会ワクムスビ、そしてそれられで構築されるイドという犯罪者の潜在意識の世界に潜って捜査活動を行うというストーリー。
イドに入り込む人物はミズハノメのコクピットと呼ばれる装置に座って、フルダイブのVRシステムみたいなので入り込むという形になっており、現実の記憶、意識は持って行けずイドの中では~井戸と呼ばれる名探偵となって、イドの中で死んでいるカエルちゃんと呼ばれる女の子の死因を探るというのが物語基本的な流れ。
ミズハノメを運用する警察内組織の蔵のメンバーは名探偵がカエルちゃんの死因を探っている間に接触するイド内部にいる人物などを解析して犯人を割り出すという仕組みになっています。
これによって連続殺人犯を捕まえていくのですが、その陰にジョン・ウォーカーという謎の人物がいて、この人物が殺人教唆をしているのではないか?という展開です。

主人公の鳴瓢が名探偵酒井戸として活躍するのが主な流れ。
鳴瓢は元刑事なんですけれど、連続殺人犯を家族を殺された復讐から射殺していて服役の代わりに蔵で働いているという感じ。
また、鳴瓢も連続殺人犯を言葉で追い詰めて自殺に追い込むという連続殺人犯でもあります。もともとは家族を殺された復讐心だったのでしょうけれど、作中では「できるから」と言ってました。
そのほか頭に穴をあけて連続殺人を犯していた穴あきこと富久田/穴井戸や、富久田に頭に穴をあけられたことによりちょっと思考がおかしくなり正当防衛に持ち込んで犯人を殺したり、同僚の死傷を顧みない捜査をするようになった本堂町/聖井戸御代が名探偵として出てきます。
最終的にはこの3人が現実の記憶をもったままイドの中で活躍してジョン・ウォーカーを追い詰めていくという展開になってました。

一応、ミステリなんでしょうけれど、画面に描写される状況だけではちょっと視聴者が謎を解くというのは難しい感じでしたね。
穴井戸が特殊能力者であるというのもありますし、鳴瓢や本堂町も名探偵じゃない現実の状態でも頭脳明晰な人なので普通の視聴者には謎解きは難しいし、彼らの思考を追わないと解けない謎ってのもありましたから、謎解きを楽しむというのはこの作品では無理っぽい感じでした。
どちらかというと名探偵が推理をしていくのを見て楽しむという感じの作品。
また、作品に流れる雰囲気が特殊かつ異様なのに、どこかそれがしっくりくるという不思議な感覚がある作品で、その辺もこの作品の魅力だったのかな?と思います。

ともかく、鳴瓢/酒井戸の推理、考察が小気味良い感じで自分が名探偵になったかのようなそんな印象を抱きつつも、ジョン・ウォーカーの影にだんだん追い詰められていってる鳴瓢がどうなちゃうのかずっと心配な作品でした。
特に終盤、イドの中のイドで過去の間違いをやり直して家族と平和に暮らしている姿とか見ちゃうと可能性としてこういう世界もあったんだというので切なくなりました。
でも、最終的にはジョン・ウォーカーを追いかける方を選ぶんですけれどね。半強制ではありましたけれど。

最後まで解かれない謎というか、ミズハノメの元になっているカエルちゃん=飛鳥井木記が救われていないので、彼女が救われる未来を描いた続編とかあると嬉しいなぁ。
気持ち悪い映像とか、サイコパスな考え方をする犯人の毒気とかあるんですけれど、とても魅力があって惹かれる世界観の作品でした。
とても楽しめました。

ID:INVADED イド:インヴェイデッド Blu-ray BOX 上巻
KADOKAWA アニメーション


このアイテムの詳細をみる
ID:INVADED イド:インヴェイデッド Blu-ray BOX 下巻
KADOKAWA アニメーション


このアイテムの詳細をみる
スポンサーサイト



Comments

Body

« »

05 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト