FC2ブログ

FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

進撃の巨人 Season 3(前半クール)

第3期目。
2期目が12話だったので、12話で終了かなと思っていたのですが、放送開始が7月の半ばに入ってからだったので12話放送するのに10月の半ばまでかかりました。
で、いったんここで製作期間を開けて後半は4月から再開となるようです。1クールで終わりではないらしいです。
今期から放送局がNHKに変わったので、CM入りのアイキャッチやエンディングテーマへの入りなどでCMが入らないので一気に見ることができます。
それを逆手にとって今期最終話になる通算第49話目ではエンディングテーマの流れる中に予告シーンを挿入するという演出が採られていました。
その他は今までのフォーマットを踏襲してたんですけれどね。
エンディングの途中で急に画面にノイズが走って、画面が乱れた後、先の話のシーンが挿入されてまたノイズの後、正常に戻るという演出。
HDDレコーダーが壊れて録画に失敗したのかと思いましたよ。(汗)

第38話から第49話までの放送となります。
内容的には完全に第2期からの継続で、前期の説明パートが入ることも無し。突然話が始まって、最終シーンであるウォールマリア奪還のために調査兵団が出撃するところまでごくごく自然に話が流れていきます。
まぁ、Season 3となってるここから見始める人も少ないと思いますが、前期までの説明が全くないのはびっくりしました。少しはそういうの入れるのかなと思っていたので。
前期で偽の王家を打倒するためにクーデーターを目論んだ調査兵団のところから、エレンとヒストリアが奪われてそれを奪還したところから。そこから一気にヒストリア=真の王家の血を引くものであるという人対人の争いのストーリーへ。
巨人の謎や巨人との戦いってのは継続してバックボーンとしてあるんですけれど、今期のテーマとしてはやはり壁内の王家の話が中心ですね。
ヒストリアがその座に就くことになるんですけれど、それまでに偽の王に気が付いたことを突き付けたり、民衆を味方に付けるように動いたり。
ただ、真の王家であるレイス家もというか家長であるロッド・レイスにも思惑ってのがあって、調査兵団との戦いになったり。人対人というのが顕著になった感じです。今までは人対巨人という構図だったのですが、今回は巨人と戦ってるシーンも少ないですしね。
実際原作ではここから、巨人と戦うというより、巨人を使って何かをした人との戦いにシフトしていくことになるわけですが、その最初の部分が今回の話でした。
そして、エレンの家の地下室に隠された謎を手に入れ、ウォールマリアの壁の穴をふさぎに出撃するというところで、今回は幕。
原作でいえば18巻の半ばで終了です。
割と原作に追いつきそうなところまで来てるんですね。とはいえ、このクールで進んだのが13巻の途中からだから、まだぎり、届かないかな?

進撃の巨人という話の大きなターニングポイントとなるところ丁度今やってる感じでしたね。
後半クールではどこまでやるんですかねぇ。

スポンサーサイト
Comments

Body

« »

11 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト