FC2ブログ

FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

とある魔術の禁書目録-エンデュミオンの奇蹟-

2013年2月に公開された劇場アニメ。
TVシリーズで人気を博したとある魔術の禁書目録のスピンオフ映画になります。
劇場用のシナリオが書き下ろされたのですが、原作にもエンデュミオン(軌道エレベーター)が会話中に登場するなど、映画と原作の同期も一応取られている感じです。
事件そのものについては言及されないのですが、「あった」と考えておくのも、メディアミックスを追っている人にとっては楽しみになるかな?という作品。
公開はTVシリーズの第2期が終わった後だったんですが、今回、第3期が放送開始ということで、9/30に地上波放送されたので視聴しました。
劇場にはいけなかったんですよねぇ…。
なお、今回の第3期放送開始記念版ではCMで第3期のキャラクター紹介とCV公開が行われました。また、特番という形をとっているので本編前後に上条ちゃん役の阿部さんとインデックス役の井口さんによる解説などが入っています。
残念なのはエンディングロールがカットされてしまい、川田まみさんのエンディングテーマが聞けないことでした。

88の奇蹟と呼ばれる、スペースプレーンの不時着事故。乗客乗員88名すべてが生存という奇蹟から3年、軌道エレベーターエンデュミオンが完成間近となり、記念式典が開かれようという中、上条ちゃんとインデックスは路上ライブをしていた少女鳴護アリサとであいます。
何故か科学サイド、魔術サイドの両方から命を狙われながらも、夢に向かって前をむくアリサの姿に心打たれ、上条勢力(といっても美琴の協力を得ただけ)でアリサを守りつつ記念式典に備えるという流れ。
その記念式典やスペースプレーンの事故が実は死ぬことができない呪いをかけられた少女レディリーの陰謀であったことをしり、記念式典にともなってエンデュミオンを崩壊させて巻き込まれて死のうとするレディリーの陰謀を打ち砕き、エンデュミオン崩壊から地上を守るために奮闘するというお話。
その過程で、アリサという少女が奇蹟の源であり、奇跡によって生み出された存在であったということで、今回のエンデュミオン崩壊から皆を守るという奇蹟を見せて消えてしまうという流れになっています。

よくまとまっていて、なおかつ、重要キャラクターが次々と入れ替わるとある魔術の禁書目録の中でも古くからの重要キャラクター達が総動員されて登場して、初期の禁書目録のイメージが楽しめますね。
ステイルとかはじめ敵で出てくるのにやっぱり味方として活躍してくれるところとか、あぁこれが禁書目録だよなぁと思い直しちゃいました。
最近、原作読んでるとステイルとかほとんど出てこないですし。(こないだ出た現状の最新刊ではちょっと出番あったけど)

奇跡を信じる心や、それに向かって努力することをあきらめないという、普段から上条ちゃんがやってることがそのままテーマになっていて、それを体現したキャラクターが今回のヒロインであったアリサだなぁと思いました。
ただ、アリサが最後に消えてしまうのがすごく残念。
アリサを生み出した願いを願ったシャットアウラがこれからアリサのように前を向いて歩いて行ってくれればと祈るばかりですが、映画用のキャラクターで原作とかには出てこないんですよね…。あのラストですから、ちゃんと前を向いてくれたと思いたいです。

映画本編90分。特番やCMが挟まるんで2時間。
面白かったです。楽しめた。
第3期も期待したいですね。話は原作既読なので知ってますけれど。

劇場版「とある魔術の禁書目録―エンデュミオンの奇蹟―」 (特装版) [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル



このアイテムの詳細をみる
スポンサーサイト
Comments

Body

« »

11 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト