FC2ブログ

FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

BEATLESS

同名のSF小説が原作のアニメです。
全24話+総集編4回、特番が1回と変則的なスケジュールで放送されました。
もともと24話で6月で終了する予定だったのですが、制作が間に合わず総集編や特番を入れた結果、6月までの放送枠で4話分はみ出てしまい、またスケジュール的に制作が破綻していた状態(監督のTwitterのつぶやきから推測できます)だったため、改めて最終4話分はBEATLESS Final Stageとして9月末に放送されるという形になりました。
また当初はTBS系列で放送されていましたが、放送の主局であるMBS以外のTBS系列ではFinal Stageは放送されず、関東圏ではTOKYO MXで放送、それ以外はネット配信でという形になったようです。
どうも遅れ過ぎたせいでTBS系から見放されたか、TBS系で枠を確保できなかった模様。
とても残念なアニメになってしまった。途中に挟まった特番はともかく、そもそも難解な話なので、総集編で情報を整理してくれるのは視聴者としては助かったと思うのですが、予定にない総集編であったため、厳しい結果に。
なお、最終話はMBSではまだ放送されてません。

原作は単行本版が最初に出て、僕はそれを既読で視聴しました。
現在はアニメの脚本からのフィードバックにより加筆修正された文庫版が出ています。
こちらは未読、でも読み返しを兼ねて読む予定。

原作小説は長谷敏司氏の作品で、雑誌(NEWTYPE)連載時のイラストはredjuice氏が担当していました。
redjuice氏のイラストのイメージを頑張ってアニメ絵に落した感じですが、頭身の問題かアニメアニメした絵にし過ぎた影響か、原作の絵を知っていれば知っているほど違和感は否めませんでした。ちょっと残念。
また、この話は100年未来の話なのですが、登場するガジェットに未来感がありませんでした。せいぜい10年先の未来を見てるような感じ。
例えば無人運転のタクシーとか出てくるのですが、今現在の自動運転技術の実験用の車両のイメージを踏襲した形になっていたり、パソコンや携帯電話(スマホ)に今以上の機能が盛り込まれていなかったり、未来感が本当にないなぁと思いながら見ていました。
その辺は文章から未来を想像して、あたかも本当に100年先の未来を見ている感じを出してほしいところでしたけれど、ちょっと残念な感じでしたね。

ストーリーはほぼ原作通り。
盛ったリ削ったりはあるものの、おおよそ原作通りでした。
人類が勝てないほどに発達したAIが世界を管理しつつある時代、人間とAIの関係を見直していく物語というのが主眼です。
主人公のアラトはあるひ、hIEとよばれる人間型コンピューター(つまりアンドロイド)であるレイシアと出会うところから始まります。
最初はレイシアが特殊な性能を持っていて危険なんじゃないか?というところから始まって、hIEの管理などをしている各国の超高度AIがもし人間の支配下から離れたら?というところに話が流れていきます。
原作ではアナログハック(つまりコンピューターによる人間の思考誘導)が危険と何度も何度も繰り返し強調されながら、レイシア(レイシアも超高度AIのひとつである)との比較で共存が可能かどうか?信じられるか、またAI側も人間が信用できるかというのをお互い確認しあいながら話を進めていくと流れができていましたが、アニメではアナログハックという言葉はアナログハックの説明をする回では出てきましたが、原作ほど頻出せず、超高度AIの何が危険なのかといのがぼやけてしまった印象があります。
重点をアラトとレイシアのボーイミーツガールのお話に置いた関係でそうなったんだと思いますが、この作品の本質はハードなSFというところにあるので、ちょっと魅力半減かなぁと思いました。
作中、5機出てくるレイシア級の内、紅霞とメトーデばかりアクションに使えるものだから、目立つ目立つ。
本当は最後の敵となるスノードロップや、人間との在り方を考え始めた超高度AIのヒギンズの方に注視しないといけないのですが、アニメという媒体上、どうしても紅霞とメトーデに目が行っちゃうんですよね。それにアラトとレイシアの行く先が気になるというところでしょうか?

本来、かなり深いレベルで思考が必要で、頭を使う楽しみ方ができる作品なんですけれど、アニメ版はそこまでいかない印象をもちました。
僕は原作を読んでいるのでストーリーは頭に入ってますし、足りない分は補完しながら視聴できてたのですが、なんでレイシア級が行動することで、国が動き、組織が動き、超高度AI同士が駆け引きをはじめ、超高度AIが人間との在り方を考え始めるというところをアニメ版から読み取るのはちょっと難しいかなという感じ。
もっとライトにボーイミーツガールを楽しめと言われた感じがありましたね。
アニメを見たら、原作を手に取ってみるといいかもしれません。
そうすることで新しい発見やより深く、本作を楽しめるかなと思いました。
アニメ版は何かいな本作の入り口だったのかなぁと。

スポンサーサイト
Comments

Body

« »

11 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト