FC2ブログ

FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿2「case.双貌塔イゼルマ(上)」

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿2「case.双貌塔イゼルマ(上)」

三田誠:著
坂本みねぢ:イラスト
TYPE-MOON BOOKS


このアイテムの詳細をみる
本屋さんで買えない本2巻目。
1年に1冊という予定が崩れて、毎コミケ毎になった最初の巻ですね。(笑)
どうも、三田さんに奈須さんからの圧力がかかったらしく。ケイオスドラゴンのアニメ化で忙しかった三田さんが無理して出したのがこの巻になります。
1巻より厚くなる予定だったので8月までに書きあがっていた分を上巻として出したみたいですね。
strange Fakeでも成田さんが圧力かけられてるし奈須さんひどい人です。(笑)
なお、三田さん、成田さん、奈須さんは皆さんケイオスドラゴン=レッドドラゴンにかかわっていました。虚淵さんも関わってたし、レッドドラゴンがTYPE-MOON作品に思えてくる。そんなあとがきでした。
TYPE-MOON関係の話ってあとがきが面白いんだよなぁ。

今回はロード・エルメロイⅡ世の事件簿と言いながら、ロード・エルメロイⅡ世が本格的に本編にかかわってくるのが最後の方になります。とはいえ上巻なので物語の半分くらいまでで登場してくるということにはなりますが。
それまではライネスが主体の話になります。地の文の語り部もライネスが担当。彼女がロード・エルメロイⅡ世をどう見ているかとかグレイをどう見ているかとか、また今のエルメロイ派の状況やエルメロイ教室の状況などが地の文として書かれるので、だいぶロード・エルメロイⅡ世=ウェイバー君が置かれている状況や、ライネスとの関係などが見えてきました。
それに伴ってフラットなどのエルメロイ教室の生徒たちも登場して、だんだんに人間関係がよくわかるように。
しかし、ウェイバー君、自分からケイネスの死の責任を言い出すとか、そこまで責任を感じる必要ないのになぁと思ったりしました。
ケイネスの死ってほとんど決められたようなもので、切嗣と戦ったことがそも失敗だし、ライダーとしてイスカンダルを呼んだのがケイネスだったら相性最悪で、ディルムッド以上に制御できなかっただろうし…。
ライネスの独白からそういったことに思いをはせました。

物語はライネスが時計塔の一大勢力であるトランベリオ派(民主主義派閥)の社交会に招かれたところから始まります。トランベリオ派に属するバリュエレータ派の作品である黄金姫、白銀姫という美の究極を目指して作られた人物をお披露目するという名目の社交会です。
それにTYPE-MOON作品を繋ぐとんでもない人物が招かれていてびっくり。
もともと、時計塔の設定で空の境界や月姫がFateの世界観と共通の世界だってことは知っていましたが、蒼崎橙子さんが登場。
目もくらむ、魔術師であっても心を一瞬持っていかれる美貌を持った黄金姫をめぐって話が進んでいきます。
いろいろな思惑が絡み合う中、社交会の終了後、黄金姫からとんでもないことを依頼されたライネスですが、次の朝には黄金姫が何者かに殺害されており、さらに調査をしていたら、月霊髄液が黄金姫の侍女殺害に利用されてしまい、容疑者になってしまうという展開。
その状況を打破するためにロード・エルメロイⅡ世が登場して事件解決へ乗り出したところで2巻は終了しています。

橙子さんがロード・エルメロイⅡ世の敵に回る宣言をしたりしてますが、とんでもない状況だなぁ。
橙子さんはTYPE-MOONの世界観の中でも飛びぬけて優秀な魔術師。対してロード・エルメロイⅡ世は魔術師としては二流です。グレイがどれくらいの能力なのか分からないですが、アーサー王=アルトリアと同じくらいの能力が出せるなら何とかなるでしょうが、実際に戦闘になっちゃったらどうなるんだろう…。
下巻に期待したいところですね。
出来れば、橙子さんとウェイバー君には争ってもらいたいくないんですけれど。

そういえば、第五次聖杯戦争の時計塔枠のマスターにバゼットさんが内定しつつあるという話が出てました。ということは、第五次聖杯戦争はもう寸前なんですね。
僕ら読者は第五次にロード・エルメロイⅡ世が参加していないことを知っていますし、その後、冬木の大聖杯の後片付けをロード・エルメロイⅡ世がやることを知っていますけれど、彼の希望が叶えられないのを知っているのは切ないなぁ。
スポンサーサイト
Comments

Body

« »

11 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト