FC2ブログ

FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿1「case.剥離城アドラ」

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿1「case.剥離城アドラ」

三田誠:著
坂本みねぢ:イラスト
TYPE-MOON BOOKS


このアイテムの詳細をみる
コミケの度に新刊が出るロード・エルメロイⅡ世の事件簿です。
1巻から購入していたのですが、読むタイミングがつかめないまま、現在8巻目が出てますね。この1巻の刊行は2014年の冬コミとなっています。
TYPE-MOON BOOKSからの発行で、普通の本屋さんの流通に乗りません。アニメショップかとらのあなの様な同人屋さんが主な入手経路になりますかね?
Amazonでも扱っていますが、扱いがPCソフトに分類されている(たぶん発行がTYPE-MOONだから)なので要注意。本で探すと妙に高い値段が付けられたマケプレに繋がったりするので、要注意。
2018年8月現在、Kindleでも取り扱いが始まっているので電子書籍だと少し安く買えるようです。

Fate/stay nightのスピンオフという位置づけですけれど、実際のところ主人公はZeroで第四次聖杯戦争を戦ったウェイバー・ヴェルベット君が成長した姿ですので、Zeroのスピンオフといった方が良いと思います。
また、Fateはいろいろなスピンオフがありますが、少しずつ世界がパラレルワールド化している場合が多い(Apocryphaが第三次聖杯戦争から枝分かれした世界であるように)なのですが、この作品はZeroから繋がったそして、stay nightへ繋がる作品となっています。
時間設定としてはZeroから10年後。ですが第五次聖杯戦争はまだ始まってないので、stay nightの直前の話ということになります。

ウェイバー君がどういった経緯でロード・エルメロイを名乗るようになったかという経緯は詳しくは描かれていませんでした。今後、たぶん描かれていくんだと思っています。ですが、どうやら、あの戦いでケイネスが戦死した責任を取る形で、エルメロイ家に取り込まれ、ケイネスの代わりをやらされているという感じのようです。少なくとも本来ケイネスの妹であった人物に、「義兄上」と呼ばれ、時計塔のロードという地位を与えられ縛り付けられているという状態のようです。
本人は借りを早く清算し、第五次聖杯戦争へ再び参加するつもりのようですが、この義妹ライネスが持ち込んでくる魔術的な案件に振り回される日々を送っているということのようです。
そして、時計塔の生徒とは別にグレイという少女を内弟子として付けていて、身の回りの世話とかさせている様子。このグレイ、アーサー王の血を引いているようで顔がセイバーそっくりなことが本編の最後の方で明かされます。で、その顔を見たくない(ケイネスが死んだ理由がセイバー陣営の罠で、介錯ではあったけれどケイネス自身セイバーの剣によって命を落としている)ため、フードをかぶらせているという何ともゆがんでしまっているなぁという感じ。でも、弟子への責任感とかはあるようで、いろいろ講釈たれたり、保護したりしている模様。この辺も今後描かれていくのですかね?

今回の話はアッシュボーンという魔術師が死亡したことから始まります。
このアッシュボーンは魔術師の中でも稀有な、魔術回路を修復することができる修復師として名をはせていたという人物。
このアッシュボーンの遺産が手に入るかもしれない(エルメロイ家としてはケイネス死亡で破損した魔術回路を修復したい)ということで、アッシュボーン家の招待に従って彼の城へグレイを伴って訪れるというところから始まって、同じ目的で集まった数人の魔術師たちと駆け引きをしつつ、アッシュボーンが残した剥離城アドラの謎を解いていくというミステリ形式の話になっています。
TYPE-MOON作品では共通世界観として、魔術などの成り立ちを独自に解釈したものが使われていますが、それを実際の魔術(カバラや聖書などの記述物など)に当てはめて、よりFateの世界観が現実と融和するように作られていました。

面白い。
TYPE-MOONの世界観を楽しみながら、それが現実と融合していくのが分かってすごく面白かったです。
今回は天使がかなり重要なモチーフになっているのですが、それをロード・エルメロイが解説、説明していく過程が彼の授業を受けてる気分にさせられるようになっていて、なかなか面白かったです。
そして、グレイがどんな存在であるかがだんだん明かされていくのも面白かったですね。聖杯戦争ではないので英霊は出てこないけれど、英霊級の力を持った人物は出てくるということで、Fateらしい楽しみもありました。
Fateの他の作品みたいに戦闘メインの話ではないですが、ミステリ仕立てのこういう世界設定を開示していく話は大好き。
2巻以降もこんな調子であってほしいな。そしてできれば、もっとロード・エルメロイⅡ世の現状についての説明が欲しい。ウェイバー君がどうしてああなったのかが知りたいですね。
既に刊行された分がずいぶんあるのでゆっくりと消化していきたいと思います。
スポンサーサイト
Comments

Body

« »

11 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト