FC2ブログ

FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

ソードアート・オンライン プログレッシブ6

ソードアート・オンライン プログレッシブ6

川原礫:著
abec:イラスト
電撃文庫


このアイテムの詳細をみる
年1だったペースが崩れた前巻からほとんど間を開けずに刊行された6巻です。これで平均すれば年1で出てるペースに戻りました。
今回は第6層の攻略後編。
第6層でのクエスト攻略をメインに描かれています。

全体のノリとしてはいつものSAOなのですが、第6層に至っていくつかの事件があったりした関係でキリトがNPCについて考えるという話になっています。
前巻でクエスト関係の重要な登場人物である第6層の領主がPK集団によって殺されたのですが、普通のMMORPGであればクエストは万人が受ける権利を持っているので、同じNPCが何度も何度も同じ依頼を出すということになる。でも、キリトたちがクエストを進行させていた時に重要なNPCが殺されたということで、状況が変化します。
領主が死んだことが覆らなくて他の人もクエストが受けれなくなったのね。
そのことや、以前から進めている連続クエストであるエルフの関係でキズメルがあまりに自然な受け答えをするNPCであることから、SAOのAIはどうなってるんだという謎に行きついてそれにキリトが思いを巡らすというのがこの巻の話のメインになっています。

キリトはプログレッシブじゃない方の本編中にNPCであってもむやみやたらに殺害をしないというスタンスをとっているシーンがあるのですが、その理由がここにあるんだよという感じに描かれていました。SAOのAIシステムは普通のAIではない。
本編の方を読んでいる僕からすればアリシゼーションで描かれたフラクトライトの原型がそこにあって、SAOでは重要なNPCは人同じ魂を持っているのではないか?と読み取れる内容になっていました。
キリトも感覚的にその辺の意識を持ったという感じに終わってました。

今回の話は2つのクエストが絡み合って進行するというなかなか複雑な面を見せていて面白かったですね。
エルフの鍵の話と、街にかけられたパズルの呪いの話の登場人物がお互いに関係しあったりするというのはなかなか面白かったです。
あと、MMORPGにありがちな同じクエスト受けてる人の進行度が違うと、途中ですれ違ったりというのがあるというのを逆手にとってSAOでは普通には進んでないんだよというのが見れた感じでした。
少なくとも、今回登場した別パーティの受けているエルフの鍵のクエストとキリトたちが受けているエルフの鍵のクエストは同じダークエルフ側で受けているのに違った展開を見せているし、登場する人物も違うというのが語られていました。
キズメルという特殊なNPCが割り当てられたキリトたちは何がきっかけで特殊なルートに足を踏み入れたんだろう。そんなことを考えながら読んでました。

で、第6層の攻略になるんですけれど、まさかの展開でそんなのありかやと思いました。
他の層ではないでしょうけれど、これがあるのであれば、楽に攻略しようと悪事を働く人って出てくるんではないかと思ったんですよね。
NPCのボス戦参加ってありかー?
たぶんここだけの特殊な展開ってやつだとは思うのですが。

それにしても攻略のペースが速いです。
本編ではキリトがひとりでレベル上げしているシーンとかあって、間違っても死なないように安全マージンを取っているというシーンがあったのですが、第6層ではキリトたちはクエスト以外にはレベリングしてないですし、他の攻略組も慎重に進んできたという割にはほぼ移動しているだけの時間しかかかってないんですよね。
安全マージン取れてるのか?
地道にレベル上げする話とか挟まないとデスゲームであるという印象が薄れる気がするんですけど。キリトとアスナはエルフのクエストから入る経験値が膨大って考えればいいんですけれど…。
やたらと敵のカーソル色(敵が自分のレベルに対して強敵であれば黒に近い赤で表示される)が表現されてましたが、キリト、向こう見ずに戦いすぎてる感じがします。
敗北して死亡したら現実でも死亡なのですが、割と死を恐れず戦ってるですよね…。もっと慎重に行った方がリアルに感じていいのですが。
本編の内容からキリトとアスナは死なないのは確定しているわけですし、この辺で慎重になってくれないとSAOの緊迫感ってのが薄れちゃう気がしてなりません。
全体的に面白いんだけれども、SAOらしさ、デスゲームらしさってのがここへきて薄れ気味な感じなのが気になりました。

さて。できれば次あたりはかなり緊迫したものを要求したい感じがします。
今回、緊迫してたけれど、先にも書いた通りキリトがかなり向こう見ずでそれについてあまり言及がなかったものですから…。
SAOらしさってのがもっと出たらいいなぁって思いながら次を待ちましょう。
スポンサーサイト
Comments

Body

« »

08 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト