FC2ブログ

FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

刻刻

1クール12話で放送されました。
原作は同名のコミックで完結済みの作品。僕は原作未読で視聴しました。
基本的には原作に沿った形のアニメ化だったようですが、一部設定の変更があったようです。
主人公である樹里がアニメでは佑河家の二女なんですが原作では長女であるとかその程度の設定変更だったのかな?

アニメーション制作は「虐殺器官」をマングローブから引き継いだジェノスタジオ。ジェノスタジオとしては初のTVアニメ作品となります。というか「虐殺器官」やったあとの初の作品がこれ。
各話の本編開始前(OPより前)に映画なんかでよくある、制作スタジオのロゴ表示が入ります。本作の場合、ジェノスタジオのロゴ表示ね。こういった形式って珍しいなぁと思いました。OVAとかではブランドのロゴとか入ったりするけれど、TVアニメでスタジオのロゴが表示されるのって珍しいと思いました。
それと同時に、ジェノスタジオが「虐殺器官」終わったら解散する組織じゃなかったんだってびっくりしました。なお、本作以降もジェノスタジオは「ゴールデンカムイ」などを手掛けることになっており、存続していくみたいですね。

本作ですが。
ジャンルがよくわからない。サイエンスホラーになるの?という感じ。
たぶん、ホラーに分類していいんだろうと思うだけれど、怖いという印象はあまりありません。サスペンスという感じでもないし。ジャンルがよくわからないなぁと思いながら見てました。
佑河家がもっていた止界術という術をめぐる話になっていて、その過程がホラーっぽいという感じですね。止界術は時間を止める術で、術の効果範囲に入ってない人は全く動かない時間の中に含まれてしまうという術。
佑河家が止界術を行うための石を持っているということで、ある宗教団体がそれを手に入れる為に佑河家に止界術を使わせて、時間の止まった世界の中で攻防を繰り広げるという話となっています。
佑河家の人々は平凡な人なので、宗教団体の人達やそれに雇われたチンピラ集団に苦戦しながらも止界術を受け継ぐ家系であるが故の特殊能力をつかって抵抗していくという感じ。
最後には複数の思惑が絡んでいる事件だったというのが分かってきて、宗教団体の教祖との戦いになる感じでした。この教祖も止界にまつわる力を欲しているだけで宗教を利用しているという感じでした。過去の悲しい出来事もあってゆがんだ結果なのですが、登場人物それぞれに目的や過去がしっかりと描かれていて、好感が持てる作品でした。
悪役は基本好きになれない。でももやっと好きになれないんじゃなくて、この作品ではこういう人物だから好きになれないとちゃんと語れる感じ。

結果的に佑河家が勝ち、最終的に収まるところに収まったという感じの終わり方でした。
ただ、その為に主人公である樹里だけが止界の中に取り残されるという結果で終わるのかとおもったのですが、ちゃんと救いは残されていて、それにたどり着いてハッピーエンドを迎えて物語終了という形。
最後の救いにたどりつく件はちょっと強引で偶然要素が強い気がしましたが、たぶん、能力が呼び合ったんだということで理解というか納得はできる感じなのかなぁ…。

中々面白いお話でした。
絵もジェノスタジオの力を見せた感じで良い感じでしたね。
この作品、製作委員会制は取ってないんだけれど、ジェノスタジオというかプロデュース会社であるツインエンジンの意地なのかなぁ。
製作委員会制をとってる作品が多い中、異質な感じが作品自体にあったというアニメ本編よりもそういう方に興味をもっちゃいましたね。
いや、本編も面白かったよ?ちゃんと。

刻刻 Blu-ray BOX
DMM pictures


このアイテムの詳細をみる
スポンサーサイト
Comments

Body

« »

10 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト