FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

心が叫びたがってるんだ。

2015年に公開されたアニメ映画作品。
TVで地上波放送でされたので見ました。
劇場公開時、見に行こうかと思ったのですが、都合がつかず見に行けなかった作品です。スタッフが基本的に「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」と共通です。というか、「あの花」のスタッフが再集結して制作した映画ということで当時話題になっていました。
今回テレビ放送されたのは実写版の公開記念ということで、エンドロール後などに実写版の宣伝が入っていました。エンドロール短かった気がするけど短縮されてたのかな。

主人公は喋ることが出来ない少女、成瀬順。
喋れない原因は精神的なストレスによる失語症といったところでしょうか。物語は小学生の頃、おしゃべりだった順が失語症になるところから始まります。
父親の不倫現場を目撃してしまう、それを無邪気に母親に話してしまうということをしてしまった結果、家庭は崩壊。父親から「全部お前のせいだ」と言われてしまった順はそのことを後悔した結果、卵の妖精?を幻視し、喋れなくなる呪いをかけられてしまう。
そのまま成長した順は今度は喋らないことで母親から責められており、精神的にかなりストレスがかかっている状態の少女となっていました。
そこに転機として訪れるのが学校と地域のふれあいのための交流会出し物を企画する委員に担任教師から半ば強制的に選ばれてしまった順が困惑しながらも、ミュージカルなら歌なら声が出せるかもという希望を得て行動し始める話となっています。
もちろん、自己否定的に育ってしまっているので、順ははじめは乗り気ではないものの、同じく委員にされてしまった坂上拓実とのふれあいの中で、少しずつ心を開いていくという物語。

青春ものらしく、主要登場人物4人の葛藤や恋模様を描きつつ、最後に順が言葉を取り戻してストーリーは終了します。
拓実に恋をした順。でも拓実は別の少女と恋人関係にあり、失恋したり。
そのことで、結果的にまた殻に閉じこもったり。
迎えに来た拓実に対して心の内を爆発させたりして、前に進んでいくです。
登場人物がそれぞれ言えないこと、言い出せないことを少なからず抱えていて、それを少しずつミュージカルを成功に導いていくことで解決していくという流れになっています。
割と見てる間は登場人物のストレスが大きく、見ていてイライラすることも多かった。
でも、順が言葉を最終的に取り戻し拓実に(ふられること前提で)告白したり、最後に皆でやり遂げたという解放感を描くことや、告白してくるという田崎大樹の行動などに心が洗われていく感じがする話でした。
「あの花」とはまた違う形だけれど、青春物語を描かせたらこのスタッフはいい仕事するなぁと思いました。
同じスタッフ(監督、脚本)が「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」を作ったとか笑い話かと思う。
2時間足らずという尺の中でまとまっていていい作品だなぁと思いました。
こういう青春の思い出あると人は強くなれるんじゃないかなと思いました。

心が叫びたがってるんだ。
アニプレックス


このアイテムの詳細をみる
スポンサーサイト
Comments

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト