FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

多目的トイレはたがために?

多目的トイレというものがあります。
よく見かけるのは駅でですね。多目的に使えるトイレで、基本的には障害者や乳幼児を連れている親御さんが利用できるように、広い空間を持ち、多様な設備を設置したトイレですね。
これ、基本的に多目的トイレと銘打たれていて、障害者専用とは書いてません。
そこで、このトイレを健常者が使っていいものかという永遠の問いが発生します。

専用とは書いてないし、障害者さんを優先してくださいという建前は基本的に存在しますので、健常者も利用するのは構わないのだと思うのですが…。
何度か僕自身が多目的トイレを使った後に障害者の方が待たれていて、僕を見て舌打ちされたりしたので、障害者さんの意識としては優先なのですぐに使いたいという意識はどこかにあるのだと思います。少なくとも、そういう考え方の方がいらっしゃるのは少なからず確かだと思います。
対して、健常者側から見れば、比率的に多目的トイレというのが障害者専用であればかなり優遇されているということになります。特に駅などでは、ほとんど障害者さんを見かけない時間帯(ラッシュ時)ではほぼ空いているのです。健常者用の普通のトイレは行列ができているというのにです。空いているのだから、利用してもいいではないかというのが健常者視点の考えだと思います。
果たしてどちらが正しいのか?というのを考えたらなかなか難しい問題に。

まぁ実際問題として、どちらの言い分も正しいとは思います。
障害者さんはそこしか使えないわけですし、利用できる普通のトイレがあるのだから、健常者はそちらへ行けというのもわかる。
数少ない障害者のために各駅に立派な多目的トイレがあるという事態、障害者を優遇しているという意見もわからないでもない。
まぁ、バリバラ(NHKのバリアフリーを考えるバラエティー番組)を見ていると、多目的トイレであっても障害の程度などによって使える使えないがあるので、障害者の方にとってはかなり切実な問題ではあるのは認識しているのですけれど。

でもトイレなんですよね。
基本は。
普通にようを足すのに健常者も障害者も区別しないでもいいじゃないですか。
基本、必要としている人を優先してくださいという不文律があれば、それでいいのだと僕は考えています。
中には多目的トイレです。障害者さんを優先してください。と断ったうえで、誰でもご利用いただけます。と書かれた場所もありますからね。

多目的トイレはみんなのためにある。ただし、優先順位があるので障害者さんがいる場合は、そちらを優先するという話でいいかと思います。
また、下痢などで極まってる場合は、話し合いで「すいません下痢なんで先いいですか?」とコミュニケーションをとればいいんじゃないかな?と僕は考えています。
と、そんなことを考えながら、今日は多目的トイレを利用させてもらいました…。極まっていて、周りに優先するべき方はいなさそうでしたので。

多目的トイレの使い方。
なかなか難しい問題だと思いました。
スポンサーサイト
Comments

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト