FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

鬱の人の不安と焦燥感。

自分の行動や周り(主にTwitterなんかでの情報)で、鬱の人の行動にいろいろ問題があるなぁと思った次第です。
その理由についてちょっと考えてみたのです。
基本的に自分の感覚での考察ですので、専門家の言ではないことをお断りしておきまーす。

まず、鬱の人の問題点として、行動力が欠けているという点。
何かをするということにおいて初動が遅い。もしくは全くできずに行動に移れないということがあります。
これ、もろ、鬱の影響の事な訳ですけれど、鬱な人って状態が悪化しているときに何かしようとしてもかなり、労力を必要とするというか、行動に移るのがなかなか難しかったりします。
それでも、僕なんかはまだ軽い方なので、なんとか日々行動できていますが、ひどい人になると靴下はくのにも気力が必要となるらしいです。ですので、行動力が欠けてしまう、初動が遅いとか行動できないっていう問題は鬱のよくある状態だと思っています。

行動力が欠けているのとは逆のパターンになるのですが、先走って行動した上に周りの意見を聞かないっていう問題もあると思います。これは鬱でも症状が軽くて普通の行動が一見とれる人に多い症状だとおもうのですが…。
これ、鬱からくる不安感と焦燥感にあおられた結果だと思うんですよね。
この症状がでるのはゴールがあって、期限が切られているパターンの行動をするときですね。締め切りがあるときの感じ?
まず、鬱の症状として、行動しなくてはならないことが完遂できないのではないかという不安感を感じることになります。そして、焦燥感が顔を出してきて、それによって行動することになってしまいます。
そうなってしまうと、先走った行動に出ることが多くなり、また、焦燥感で焦っているので初動で得た情報を書き替える余裕ってのを失っていることがあるように思います。
このときに、割と周りの人から焦るなとか、人の話を聞けと言われるんですけれど、当人にとってはそんな余裕がないんですよね。
鬱の症状の軽い、重いによって、人の話を聞いたりできるかが決まるように思います。

また、焦燥感で思考がロックされてしまって行動できなくなるというパターンもありますね。
このときは、周りからはゆっくり行動しているように思えるかもしれないんですけれど、当人は非常に焦っていて思考がグールグルしてる状態になってます。
これも結構大変なんですよね。

これら鬱による焦燥感で動いている鬱の人って結構多いんじゃないかなと思います。
このことを考えていて周りに鬱やってる人がいたらあんまりせかさないであげて欲しいなと感じました。他人には鬱の人の行動はゆっくりに見えたり、回りくどかったり、間違って見えたりしていてもそれが精一杯で本人焦ってるかもしれないので。
鬱の状態で回りがイラついているときってさ、一番イラついてるのはさ、当の本人だと思うんですよね。

そんな感じで、鬱の人の不安と焦燥感からくる行動について簡単に考察してみました。
僕は焦燥感で思考ロックされるのと、焦燥感で先走るってのが多いですね。
治ればいいんですけれど、なかなか治るものでもないのがつらいところですね。
スポンサーサイト
Comments

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト