FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

本当の弱者は誰だ?

弱者は保護というか、守られるべきだと思う。
優遇というか、手助けをするべきだと考える。
だから、電車の中に優先席などがあるのはよいことだと思うのです。
でも、時々、弱者って誰だって思う瞬間があったりするのもまた事実という話。

都会を走る電車には女性専用車っていう車両があります。
痴漢被害を避けるために女性が乗車することが前提となっている車両です。女性以外には小学生以下の子供や体の不自由な方が利用してよいことになっています。
でも実質問題としてですね。女性専用車を使っているのは女性だけなんですよね。
女性が性的に弱者であるという前提で、女性の権利を守るという意味で作られた車両なんですけれど…。女性ってそんなに社会的に弱者かい?って疑問に思う訳です。
あれが女性専用車ってことで痴漢被害があるという前提で話が進んでいて、男性の言い分は聞かれないのではないかと思ったりするんです。
事実、痴漢冤罪事件ってのはあとを絶たないみたいですし、女性側が冤罪を吹っかけてくるという話も聞きます。
実際問題として、女性が「この人痴漢です!」って声を上げたときに、駅員や警察は基本的に女性保護の立場に立ってしまうので、何もしてなくても、そのセリフを吐かれたら社会的に抹殺されますという抹殺宣告な台詞を女性側が持っているわけなんですよね。
ということは、本来の弱者ってさ、冤罪を吹っかけられる可能性のある男性側なのではないかと思ったりもするのです。

女性専用車があるにも関わらず、女性専用車に乗らない女性も多いですし、冤罪事件を吹っかけてくる女性もいるという事実があるにもかかわらず、男性には保護の手が差し伸べられてないのはなぜだと思うんですよね。
電車に乗っている人数の大半が男性だからとかそういう理由なの?
ちょっとチープな理由だなぁって思わないでもないです。

もし、本気で痴漢被害を失くしたいなら、女性専用車、男性専用車と完全に分けるべきだし、そうしてないのなら、あれを女性専用車というのはやめた方がいいのではないだろうかと思うんです。
本当に弱者であり、保護を求めている人がその恩恵にあずかれるようにするべきだと思う。
例えば、女性専用車という名前はやめて、エスケープ車両とか優先車両とするとかね。

まぁ、なんでこんなことを考えたかっていうとさ。
今朝、電車に乗ったときに、入り口付近にいると邪魔になるし終点まで乗るので、奥の方へ入ろうとしたのです。
その時に、鞄が女性に当たったのね。
そしたら鬼のような形相でにらまれたの。
で、鞄を棚に乗せたときに、その女性との距離が近くなったんだけど、また鬼のような形相でにらまれたんです。
その女性とは逆側にいた男性がもうちょっと隙間を詰めてくれればぶつからずに済んだんだけれども、結果的にはぶつかった。
謝ったんだけれども、鬼のような形相でにらまれてしまったわけです。
そんなことがあって、そんなにぶつかるのが嫌ならば、すいている女性専用車に行けばいいのにと思ったんですよね。
そして、同時に女性専用車って弱者を守る車両じゃなくて、ただ単に女性を優遇している車両だなぁなんてことを考えて…。
それで、電車の中で弱者は誰だって思ったわけです。

障害を持たれている方や、小さい子供は明らかに弱者でしょうけれど…。
女性が弱者っていう時代じゃない気がするんだよね。
昔ほど、ラッシュ時の男女比も開きはないでしょ?
痴漢の話だってさ、僕の乗ってる路線だとたぶんほとんどないんだよね。それほど混んでないから。
じゃぁ、冤罪を吹っかけられる男性の方が弱者になるじゃんってことを考えて、もやもやした次第です。

本当の弱者は誰だ。保護を求めてる人のためにあの車両はあるべきだなのではないかな?
スポンサーサイト
Comments

Body

« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト