FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

近所の土手。


近所の土手の朝の風景。少しだけ菜の花が見えます。
本来、ここら一帯は菜の花の群生地であって、毎年、この時期には黄色の絨毯のように菜の花が咲き誇っている場所でした。
ですが、今年は見てのとおり、少しだけ生き残りがいるだけの状態です。

なんでこんな状態になったかというと、行政の判断で土手の整備を行ったからです。
土手に生えている樹木が増水時に流されて下流に被害をもたらすのを避けるため、樹木下木を伐採するという判断をしてそれを実行した後にこうなりました。
ここは樹木はなかったのですが、葦のような草が生えていたのでそれを伐採したという形でしょうか。

ちょっと、僕としてはこの伐採には良いイメージが無くて、行政に文句を言うほどじゃないけれど、ちょっとなぁって思わないでもない整備だったんですよね。
まず、樹木の伐採をしますといって伐採したのはいいのですけれど、根の部分は残したままになっていること。
根の部分を残していたら崩れるからという理由があるのかもしれませんが、幹から切られてしまった根はじきに死にます。そしたら結局崩れるんですよね。治水のために切ったのなら、根も掘り返して撤去しておかないと、結局は増水時に流れていくことになります。やってることが中途半端だ!と思うんです。
また、葦みたいなのがあったので切ったようなのですが、写真を見てもらえればわかるように切ったものがそのままになっている。
これも撤去しないと増水時に流れていくことになるんです。やってることが中途半端だ!と思うんですよね。
さらに切り方も雑…。

なので、そんな中途半端なことをするために市民の楽しみであった菜の花まで切ったのかと。
ちょっと、不満に思ってるんですよね。
綺麗だったのになぁ。菜の花。また増えてほしいなぁ。
スポンサーサイト
Comments

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト