FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

龍の歯医者

NHKのBSプレミアムで2週連続で前後編を放送した作品です。
もともとはアニメーター見本市で公開されていた作品で、それを1本の映画の分量くらいに膨らませて、放送されたものです。
原作は小説家の舞城王太郎氏。制作はヱヴァンゲリヲンのスタジオカラーです。
前後編45分ずつで、トータル90分の作品となっています。
雰囲気はジブリ作品に似ていて、どこか、千と千尋の神隠しのような雰囲気を感じました。現実世界とは別の世界を舞台としているのですが、どこか日本的な要素があったり、敵国が欧米諸国なイメージだったりといった作品です。
その作品の雰囲気がとてもジブリ作品に共通するような色を持っていて、あれ?ジブリ?と見ていて思いました。ですが、この作品の制作は前述のとおり、スタジオカラー。つまり庵野監督のスタジオです。本作も監督は鶴巻さんですが、制作統括には庵野監督も名前を連ねており、影響があったことが分かります。
なんだかんだ言って、庵野監督が宮崎監督の弟子なので、その色というのが受け継がれているんだなぁって思いました。カラー作品、普段はジブリと違ったジャンルの作品なので(といってもヱヴァとゴジラくらいですかね?)ジブリの影響を感じるのは少ないですけれど、本作ではジブリでも作りそうな作品だったおかげで、その影響、受け継がれているものを感じました。
ジブリが制作から手を引いているので、ジブリの色を受け継いでいくのはカラーなのかもしれないですね。

さて、制作会社の話はおいておいて、本編。
ざっくりと、龍の国とセルペナーダという国の間で戦争があって、龍の国は文字通り過去の契約によって〝龍〟に護られている国で、その戦争の一幕を主人公である野ノ子とベルの視点で見ていく物語になっています。
龍の唯一の弱点である虫歯を治すのが龍の歯医者と呼ばれる職人集団で、龍の背中に乗せられた戦艦艦橋のような装備(に付随する掘っ建て小屋?)で暮らしている。野ノ子はその龍の歯医者の中でも新人の歯医者。
龍の歯医者には志願してなるものと、強制的に龍に選ばれたものがいるようで、野ノ子は生きている人間、野ノ子の後輩となるベルは敵国セルペナーダの人間で一度死んだ人間で龍の歯から吐き出されて「黄泉帰った」人間となります。
この野ノ子とベルの視点から、生と死について、人の醜さと生きざまの美しさを描いていく作品となっています。

前編は世界観の説明のために、龍と龍の歯医者の関係を描いていました。
つまり、虫歯の発生とその治療風景を描いています。
虫歯菌がヱヴァの使途に似ているのはご愛敬でしょうか。
また、ベルが一度死んで甦るところが描かれていて、龍の不思議な存在感を描いていました。
後編は戦争を描いていて、地上に落っこちた野ノ子とベル、そして龍の歯を巡って、セルペナーダ側が動くという物語になっています。
龍の守護があるために、セルペナーダは攻めあぐねている状態で、傭兵を雇って龍の守護を打ち消そうとしている。その傭兵であるブランコが、なんか訳ありな感じで、戦場に突っ立っていても弾が当たらないなど、なんか呪いか祝福かを受けた人物のように感じました。ブランコの目的とか最後まで明かされないまま終わってしまうので、残念ながら細かい設定の説明というか種明かしが全部されるわけじゃありませんでした。90分という尺ではこれが限界というところでしょうか。
ですが、人の生と死について向き合うというテーマは十全に語られたと思います。

ブランコの策略と行動によって龍は一度、地に落とされてしまいますが、野ノ子とベルの活躍によって再び力を取り戻し、空に帰ることになります。
後編の冒頭ではその後の世界が描かれていて、龍を戦争に使わない協定が結ばれているようで、平和な世界が訪れた様子が垣間見えました。

前後編で90分という映画サイズの作品でしたが、テレビで見れたことですごくなんかお得感があった。
面白いし、また見たいって思える作品。続きや細かい伏線などいろいろ気になるところもあるし、2クールくらいの作品として再構成してくれても面白いんじゃないかなぁと感じました。
でも、大半の人の感想というか、龍の歯医者自体は面白いって思う人が多いみたいですが…。同時にヱヴァはよ作れっていう感想が浮かばなくもないよなぁ。

あと、主人公野ノ子の声がたまたま、出家騒ぎでときの人になった清水富美加さんだったことで、BDやDVD化のめどが立たないとか言われてますね。
TV放送は収録済みだったので問題なく行えたそうですが、商品化となるといろいろ権利の問題とかで難しいみたいです。
良い作品なので、その辺の外部のごたごたが影響するの嫌だなぁって思いました。
スポンサーサイト
Comments

Body

« »

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト