FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

クロクロクロック2/6

クロクロクロック2/6

入間人間:著
深崎暮人:イラスト
電撃文庫


このアイテムの詳細をみる
2巻目です。
1巻目では群像劇の始まりの1日目を描いていました。この2巻目では予想通り2日目の出来事を描いています。
話の中心にいるのは目下のところ、平凡な高校生である首藤裕貴。1巻では彼が一時の心の迷いから引いた引き金は、拳銃に弾を発射させ、彼の守りたかった人の恋人を殺してしまうということが描かれました。その結果、事件の中心に彼が据えられた感じになります。
木曽川という新たな登場人物が彼を嘲笑するように、何を思っているのか、彼を操るような形で行動を促していく流れになっています。それに引きずられるように周りの状況も変化していく。彼の他にも何人かのサブキャラクターが登場しますが、なんか、メインキャラクターを操っているというか、大きな影響を与えていっている印象を受けました。
サブキャラクターに影響を大きく受けてるのは今のところ、裕貴をはじめとして、ダメ女子大生である岩谷カナちゃん、陶芸家の緑川円子さん、小学生の時本美鈴がサブキャラクターに振り回されている印象をもちました。緑川さんは保護されている感じで、美鈴は自分からサブキャラクターに振り回される道を選んでる感じ。カナちゃんは自発的行動をしないので友人に引っ張ってもらっている感じですね。
カナちゃんの友人であるギャッピーを除くと、なんとなく、関係してくる登場人物が皆、きな臭い感じ。
状況がどんどん混迷としていく巻でした。

そんな中でもやっぱり印象に残るのは裕貴の感じている後悔や恐怖であって、そしてそんな状況の中でも彼がまだ助かると考えているのが、印象的でした。
木曽川の行動はさり気なく、彼に絶望を教えていくように動いているように思えました。
その結果、裕貴は絶望して、どん底の状態を経験して、でも少し立ち直りつつある感じを受けました。彼はいけない方向へ進み始めてしまった感じがして不安になりますね。
なんとなく、彼は行き詰ってしまった結果、悪い方向へ解放を望んでしまった感じがしました。

裕貴の話は裕貴の話として進むのですが、それ以外にもいくつか、キーになる話があります。殺し屋である黒田が、陶芸家である緑川の殺害を依頼されている話。それが今回キーになっていた印象を受けました。そして再び発砲される拳銃。
それによって大きく立場を変えることになったのが殺し屋の黒田でした。
彼は殺すはずだった緑川さんをとっさに救ってしまった上に、拳銃を発砲してしまうというミスを犯してしまいます。人が良くて殺し屋に向いてない。(笑)

そしてカナちゃんが誘拐されるというラスト。
その性格から拳銃を所持していながらも、事件の蚊帳の外にいた感じの彼女もとうとう巻き込まれてしまった感じです。
なんで彼女が狙われたのか現状謎のままです。
なんで一番危険から縁遠いところに居そうな彼女が狙われたんだろう。すごく気になる終わり方で終わりました。

そういえば、この作品、「電波女と青春男」などの入間さんの他作品ともリンクしてますね。明確に明言されているのは探偵の花咲太郎が主人公の別作品があること。これはその別作品のタイトルからわかります。だって名前が明示されてますからね。あと、「電波女と青春男」のエリオのお父さんが出てる。こちらは明言されてませんが、描写からすぐにわかります。入間さんの作品を多く読んでる人ならもっといっぱいリンクしてるのに気づくのかもしれないなぁと思いながら読んでました。
他の登場人物も他作品に関係してるのかな?そうだとすると面白いですね。そういう縛りの中で作品を書くって大変だろうにと思いました。でも、世界が広がる感じがして面白いと思いました。この作品が終わっても、別作品でまたこの作品の登場人物に会えるというのは面白いと思います。

さて、次はラストになります。
本来6冊出るはずだった作品が半分の長さで完結となりますが、事件はどのように解決していくんですかね?
スポンサーサイト
Comments

Body

« »

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト