FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

新機動戦記ガンダムW フローズン・ティアドロップ7 寂寥の狂詩曲(上)

新機動戦記ガンダムW フローズン・ティアドロップ7 寂寥の狂詩曲(上)

隅沢克之:著
矢立肇、富野由悠季:原案
あさぎ桜、カトキハジメ、MOGUGA:イラスト
角川書店


このアイテムの詳細をみる
7巻です。
タイトルは寂寥の狂詩曲(上)ですが、本の6割がたは前の巻の胸奥の間奏曲の続きとなります。
プリベンターの話をここで入れてきたのですが、~曲とタイトルがついてるだけあって、きちんとフローズン・ティアドロップの本編につながる話だった。
P.P.Pやディズヌフという単語が出そろってきたので、やっとこの話をできると言う感じの展開でした。この間奏曲の物語、6巻に収録された分を読んだ感想としては、ガンダムWのサイドストーリーだからおまけ的に、フローズン・ティアドロップに収録したのだと思ってましたが、この7巻に収録された分を読んでみたら、すごく重要な話だった。
リリーナが人工冬眠に入るきっかけになった話でした。P.P.Pも絡んでるし、ものすごく重要。
エンドレス・ワルツでもう殺さないと誓ったのをまげてでも、自分の安息を捨ててでもリリーナを守ろうとするヒイロの姿とか、それをわかっているので自ら犠牲になるリリーナとか、すごくグッとくる話でした。やっぱりこの2人が話の中心にいると、話が盛り上がりますね。ガンダムWは。
分量的に1冊分くらいあるので、ちょこっと調整して、この間奏曲で1冊として出せばよかったのにと思ったくらいです。
そうなると、トロワの自虐モノローグをもう少し長く書かないといけないとか理由があったのかもしれないですけれど、切り方がえぐい。ものすごく中途半端なところでの区切りになっちゃってました。

で、寂寥の狂詩曲の方はヒイロたちがカトリーヌたちに潜水艦ごと拿捕されてしまって(あえてですが)、残されたMS組がカトリーヌ達のマーズスーツ(これもMSだからごちゃごちゃして紛らわしい)と戦う話となっています。
語り部はデュオ(小さいほう)。彼の投げやりな感じが出ているので、ちょっと話が見えにくい感じがしました。地の文はあるとは言え、主観がデュオの視点になるとちょっと細かいところをないがしろにする彼の性格が災いして話が見通せないような、現場主義的な印象を受けました。
それを目的に視点を変えることで、登場人物の人となりを表現するためにこういう手法をとっているんでしょうけれど…。キャラによって読みやすい読みにくい、わかりやすいわかりにくいがはっきり出る感じですね。
今回は3対3のMSを描いているだけ(モビルドールの妨害はあったけれど)だったのでデュオの視点でも問題なかったのかもしれませんが。それにしてもカトリーヌとか、ミル、ナイナの双子の戦闘力高いなぁ。ガンダムタイプ相手に普通に戦ってるし、カトリーヌは何乗っても戦闘力が変わらない感じですし。
しかし、デュオがヒイロにびっくりさせられるのはTV版からの伝統なんですかね。(笑)
子供の代になってもそれは変わってないようで、ヒイロがいることで、デュオが理不尽な立場に追いやられるのは相変わらずのようでした。
国賓扱いと捕虜扱い。差がでかすぎる。

この巻の最後でやっと再開したヒイロとリリーナ。
ヒイロはこれからどうするんだろう…。リリーナがピースクラフト・ファイルを見終わったら殺してやるって言ってるけれど、彼にリリーナは殺せないと思うんですよね。
というかリリーナは殺さないのがヒイロなんだと思います。
何を言おうと、途中どんな行動をとろうとリリーナだけは殺せない。それが彼のアイデンティティでもあると思うんですよね。彼を支える一部にリリーナはもうなってしまっている。
だから、この先のたどり着く先も大体読める感じがするんですけれど。最後の展開が読めても途中が読めないですからねぇ。
P.P.Pをどうやって止めるかというのがカギですね。
MSが必要な戦いじゃないように思えちゃうけど、ヒイロが活躍するにはMS戦が必須な気もするしなぁ。
どうなっていくんですかね。でもまだ半分だからなぁ。
スポンサーサイト
Comments

Body

« »

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト