FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

文豪ストレイドッグス(後半クール)

後半部分12話。相変わらず原作は未読で視聴しました。
前後半合わせて全24話でのアニメ化だったようです。
最後にSee You……という言葉で終わっているので、人気があれば2期目(というか3期目?)があるのかもしれません。
原作はまだ続いているみたいですし、ストック次第ということになるのかな?

さて前半は武装探偵社とポートマフィアの戦いの中で敦君の成長を軸に描いていました。
後半は軸となる様なテーマ性がなかったように思えます。冒頭4話は太宰の過去の話で、ポートマフィアを抜けるきっかけとなった出来事を描いていました。
残りの8話は海外の能力者集団であるギルドが、横浜に戦いを仕掛けてくるという話になっていました。その中で、鏡花の立ち位置の問題が持ち上がり、彼女の成長を少し描いていたという感じ。あとは話のメインとなるのは、芥川と敦であるということを示すための戦いが繰り広げられました。
いろんな異能力が使われていて見ていて楽しく、面白い展開がてんこ盛りなのですが、軸となる部分がいくつもある点が前半部分より物語の魅力を半減させていたかもしれないなぁと思いました。
原作のようにこの先があるのであれば、途中段階ですからそれでもかまわないのでしょうけれど、話の軸がコロコロと変わっていく感じがして(ギルドの戦いを描くにあたって敦も芥川も出ないシーンが結構ある)、ちょっとせわしない感じを受けました。
話の都合上しょうがないんでしょうけれど。

最後の2話くらいで敦君と芥川が協力してギルドの団長であるフィッツジェラルドに相対していくのは結構、燃える展開でした。
お互いに嫌いあっていても異能力の相性が抜群であり、それぞれの強さ、弱さを次第に認め合っていくというのは、王道なかんじでしたね。
最後の最後になって、おお!と思いながら見てました。
鏡花の入社試験とかの関係も描きながらだったのが、詰め込みすぎ感がありましたけれど。最後はハッピーエンドで終わってよかった感じ。

See You……という文面もそうですが、ギルドを影で操っている人物ドストエフスキーがちらっと出てきているので、続きがあるのであれば見たいですね。
まぁ、原作を読めば先の展開は知ることができるんでしょうけれど、ここまでアニメで見てきましたからねぇ。アニメで続きを見たいなと思いました。

スポンサーサイト
Comments

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト