FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

小説 君の名は。

小説 君の名は。

新海誠:著
角川文庫


このアイテムの詳細はこちら
映画「君の名は。」のノベライズ小説。
作者は監督自身となっています。この小説、映画の公開前に刊行されてるんですよね。なので、こちらが原作とも言えなくもないらしいですが、監督によるあとがきによれば、どちらが原作かと問われたら微妙なところということらしいです。
この小説を映画の完成前に書いたことで、映画の方へフィードバックされた分もあるし、アフレコなどに影響した分もある。でも、小説自体は映画のノベライズとして書かれたもので、基本的には映画を主体としている。なので、微妙ということらしいです。
相互に作品が影響しあって制作したという経験は監督も初めてだったそうです。

さて、この本は本当は読む気はありませんでした。
映画「君の名は。」を見る前はスルーしてました。これ、流行ってる映画のノベライズだなぁ。あぁ、監督自身が書いてるのか…。と、そんな程度の思いで本屋さんで平積みや面陳されてるのを見ていたという感じです。
ではなぜ、この本を手に取ったか。
理由としては映画「君の名は。」を見たから。
また、あの雰囲気、あの物語に身を浸したいと思ったからです。
本来、そうした場合、映画をもう一回見に行くというのが普通でしょうけれど、僕には映画を2回映画館に足を運んで見るという習慣がありません。僕の価値観に従うと、何回も見たい映画はメディアを購入し、2回目以降は自宅でゆっくりと鑑賞するという感じになります。今回、「君の名は。」を見て、メディアを買おうと思ったのですが、映画の人気が高すぎてロングランしてる関係で、まったく、メディアの発売情報が流れてこないんです。なので、今、もう一回映画を見る以外の方法で、もう一度、あの作品に触れる手段として、僕はこの本を手に取ることを選びました。

読んでみて、再び、あの映画の雰囲気に浸ることができました。
滝と三葉の一人称で書かれている本書では、主人公二人の心情により深く接することができます。映画では神の視点=三人称視点ですので、どうしても描き切れない部分というのは出てきます。それを補完する形で、映画を深く知ることができる作品でした。
ただ、単体で読むと、映画が持っていたビジュアル面でのすばらしさとかは伝えきれないので、糸守の自然や古い建物、東京の近代的な建物とかそういったものの美しさは伝わってきません。
ですが、それ以外の登場人物の呼吸感とかそういったものはうまく表現されていたと思います。
映画と小説、うまい具合に補完しあっていて、読んでよかったと思います。
この本は映画を見た人向けだと思う。
小説を先に読んだ人はぜひ映画の方を見てもらいたいし、映画を見た人はぜひこの本を手に取ってほしいなと思いました。
スポンサーサイト
Comments

Body

« »

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト