FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

犬や猫を保健所に預けると言うこと。

もう飼えない。犬を手放しシェルターに預けた飼い主が、別の犬を譲り受けにやってきた事実が物議をかもす(アメリカ) | カラパイア

ちょっとこの元飼い主家族はひどい。
犬は賢い。
一番なついていた飼い主さんが亡くなったから一時的に問題行動を起こしたとしても、きちんと接してあげれば問題行動も治まったはず。
ズズにはこの家族しか居ないことは理解できてた。だから再会したとき嬉しそうにした。でも、人間の方はズズを邪魔者扱いして別の犬を探しに来た。
愛が無いなって感じた。

この家族は新しい犬を引き取らなかったそうだが、シェルターの方で非適格と判断したんだろうな。また捨てるかもしれない所にシェルターは犬を渡さないよ。

ズズは新しい家族が見つかったみたいで、この家族が本当に彼女を愛してくれることを祈るばかりだ。

これ、アメリカの例だからシェルターがあって殺処分とかになってないけど、日本だと一部のNPOの保護活動してる団体とかに行けなかったら保健所事案。
そして日本では殺処分ゼロになってるのは熊本や神奈川といったごく一部の自治体だけ。
日本でこのズズのようなことをされたら、その子に待っているのは冷たいガス室。
アメリカでもこれは非常識ととられる行動。
日本では命に関わる問題。安易に犬や猫を飼って保健所に持ち込むなんて以ての外。
早く日本でも殺処分ゼロを達成して欲しい。
スポンサーサイト
Comments

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト