FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

君の名は。

君の名は。公式サイト

新海誠監督の最新作。8月に公開されて今現在も絶賛劇場公開中です。
そもそも、新海作品は今までまともに見たことがなく、唯一知っていたのがコミカライズされていた「ほしのこえ」だけでした。
新海監督の作品は作風が自分の好みであるとは知っていたのですが、なかなか見る機会に恵まれず、できれば順を追って「ほしのこえ」から見ていきたいと思っていたので、今回の「君の名は。」もパスするつもりでした。
ですが、公開の蓋を開けてみれば、ものすごい大ヒット。ロングラン上映に突入して、今も興業成績を伸ばし続けているという作品になりました。
これは、順番とか気にして見ないでおくと損をしそうだと思い、見に行くことにしだいです。

さて、ストーリーは高校生である立花滝と宮水三葉の男女の精神が入れ替わってしまうというよくある入れ替わりものと思いきや、重厚なストーリーとテーマが織り込まれていた作品でした。
よくある入れ替わりものでは主人公とヒロインはだいたい、「面識があり」、協力して入れ替わった状態をクリアしていく中で惹かれあっていくというのが主軸になっていることが多いですが、本作では滝と三葉には「面識がない」というのがキーになっています。
そして、組紐のように紡がれた時間の流れ、人とのつながり、そういったものが幾重にも折り重なって、滝と三葉の間にある絶望的な距離を感じさせる作品になっています。
そして、その距離に立ち向い運命に立ち向かう滝の姿にグッとくるものがありました。あったこともないけれど、心惹かれた少女と出会うための滝の行動がものすごく感動的でした。

テーマについては割と序盤で三葉の祖母である一葉が語るのですが、それがまさに組紐をたとえにした語りでした。人の関係も時間も組紐のようなものという一葉の言葉。
組紐であれば紡ぎ直せるというのがストーリーの鍵になっています。
この一葉の語りのシーンはそれ単体でもすごく印象に残るのですが、中盤で入れ替わりがされなくなった理由を探す滝や、その後、再び三葉に会うために行動していく力になっていくのがすごい心に響きました。
時間の流れというものは、さすがに現実世界の僕らには滝と三葉のようなドラマティックな展開は待っていませんが、人との関係も組紐のようなものだよと言われたら、なにかホッとするような、安心できるような、そんな気になりました。

最後に二人が「君の名は。」と問いかけるシーンでは、やっとたどり着いた結末に安堵し、感動し、涙がでる。
立ちふさがった運命に打ち勝って手に入れた邂逅はそれだけ、感動できるものでした。
あぁ、これは売れるわと納得した映画でした。
これは何回もみたくなるし、何回も感じたくなるそんな映画でした。

そして新海作品すべてにいえることですけれど、映像の美しさは折り紙付き。
田舎の風景も都会の風景も魔法のように美しく見せる。新海マジックだと思った。
これ、絵だけでも一見の価値があると思います。
スポンサーサイト
Comments

Body

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト