FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

ガンダムビルドファイターズトライ アイランド・ウォーズ

2016年8月21日に1時間15分枠で夏休み特別編として、ビルドファイターズの特番が放送されました。
内容は新作アニメとタレントさんがガンプラに触れるという企画映像で構成され、アニメ本編はCM込で30分強の長さでした。

企画映像の方は、簡単なガンプラ塗装の仕方をレクチャーしつつ、好きに作っていいんだよという、ビルドファイターズでテーマのひとつになってる、「ガンプラは好きに作って楽しむものだ」というのをアピールする構成になってました。
これ、タレントさん(井戸田さんと乃木坂46の鈴木さん)を起用してましたけれど、別にタレントさんじゃなくてもよかったような気がしないでもないです。例えば、アニメでキャラクターを演じてる声優さんとか。
ただ、普段見れないプロのモデラーさん(作中に合わせてビルダーって言ってました)の作品とかも見れてなかなかよかったかも。

アニメの方は本当に1話限りの特別編といった感じで、1期から見ている人へのボーナス的な作品になってました。
2期の最後で、トライファイターズの合体技がもう最強みたいなノリになっていたのですが、それを再確認するような話。
ただ、今回はトライファイターズだけじゃなくて、他の仲間たちの力も借りてみんなでトラブルに対応するという感じの流れになってました。
しかし…。大人から避難勧告されてるのに、あっさりと無視して事件現場に乗り込む主人公たち…。誰か止めろよ。というか引率する立場のミライやフミナは少しは躊躇しようよ、止めようよとか思いましたが…。
まぁ、野暮ってものなのかもしれません。

ガンプラ作るの楽しいよっていうのがテーマな作品ではあるのですが、ガンプラに憧れる謎の少女がでてきて、その子にガンプラづくりを教えるシーンはあるものの、イメージカットの処理だったのでこれだけだとガンプラづくりが楽しいって伝わらないかなぁって思いました。
あれこれデザインとか可動部分とか考えながら作って楽しむっていうのは、やっぱり1期が一番全面に出てて面白かったなぁ。
2期や今作はどっちかっていうとMS同士の戦いを楽しむ作品であって、作る楽しみを伝える作品ではないなぁって思いました。

みんなで協力してトラブルに対応していくという熱いノリに支えられた作品。
見てて純粋に楽しめるし、今回はトラブル対策だったけれど、元が競技としてのガンプラバトルなので、なんかこう、体育会系の熱いノリなんですよね。
見ててすかってする感じはありました。
これ、最後に1期のキャラの現在が描かれましたけれど、時間の流れって作中の地球とアリアンでちょっと違うのかな?
レイジとアイラの娘にしては謎の少女が大きすぎる気が…。
3期目への伏線だったのかしらね?

ガンダムビルドファイターズトライ アイランド・ウォーズ


Amazonビデオのレンタルはこちら
スポンサーサイト
Comments

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト