FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンラインⅤ ―サード・スクワッド・ジャム ビトレイヤーズ・チョイス〈下〉―

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンラインⅤ ―サード・スクワッド・ジャム ビトレイヤーズ・チョイス〈下〉―

時雨沢恵一:著
黒星紅白:イラスト
川原礫:監修
電撃文庫


このアイテムの詳細をみる
このやたらとタイトルの長い作品も早くも5巻目。サード・スクワット・ジャムの下巻になります。
3回目の大会は大会主催者の意地悪で、各チームから裏切り者を選出して、もう一つのチームを作り出すというところで終わった前巻からの続いて、その後の戦いの様子が描かれます。
ただし、出だしはそれまでに各優勝候補がどういう戦闘を繰り広げてきたかというのの描写から始まりました。
女子高生チームであるSHINCは、優勝候補以外のとった共闘作戦を逆手に取り、各個撃破していくというスタイル。これはこれですかっとしますね。まぁSHINCが序盤で消えることはないと思っていたので、妥当なところ。
もう一つのMMTMが場所の利を生かしてというか、共闘作戦がうまくいかないので通常の潰しあいで生き残ってきた感じを描き、ZEMALが馬鹿っぽくでも実に効果的に戦闘車両を作り上げるとか面白かったです。
各チームそれなりに優勝候補だけあって、それなりに戦って勝ち抜いていくのは、それぞれ納得しながら読んでました。
ZEMALの馬鹿っぷり、マシンガンに対する愛情っぷりが半端なくてゲラゲラ笑ってしまった。

そして、裏切り者チームを集める描写があり、最後の戦いの舞台である巨大船へ導かれる展開。
各チーム、海面上昇に追い立てられて裏切り者チームが待ち受ける巨大船を目指さないといけないという流れは、なかなかゲームとしては面白いだろうなぁと思いました。
そしてえげつないピトフーイの殲滅行動。マジで各チームを相手取って戦えちゃう頭脳もってるって凶悪だなぁと思いました。
共闘こそしていないですけれど、場所の利はあるにせよ、1チームで複数の優勝候補チームを相手取って戦えるってのはさすがです。
そして、裏切り者チームの中でも、なんか不穏な行動に出てると思ったら、大どんでん返しがあってびっくり。
それまでが自然すぎて全く疑ってなかったよ。
それまでのSHINCやMMTMと前巻の間の別の場所を描くことによって、レンから一度、注意を話すことによって読者の疑問点を躱しているのがうまいと思いましたね。
真実を言い出せないレンを困惑しているだけという風に見せるというのもかなりうまかった。すっかり騙されてしまいました。

しかし、ピトフーイはえげつない。実にえげつない。
ほとんど、ピトフーイの思い通りに事が進んでいったのがすげぇって感じですが、だまし討ち上等で次々と裏切り者チームの面々を屠っていっちゃうのがなんともえげつないです。
でも、それでも、恐怖しているものがある描写とかあって、あぁ、この人も普通の人なんだなぁって思いました。
それをレンが知ることがなかったのが残念ですが…。
レン、絶対誤解したままだよなぁ。ピトフーイの真意なんて慮る余裕はないよなぁ。あんな行動されちゃと思います。
このもしかして、ピトフーイの内心をレンが知るまで続くのかな?そんな感じがしてきたぞ?

しかし、今回、SHINCは運がなかったなぁと思いました。
最初は良かったんですが、裏切り者の選出をしたところから、ちょtっと不幸続き。
ボスが裏切り者に選出されてしまうことや、裏切り者選出ルールのせいでレンとの決着って話がうやむやになっちゃうし、海面上昇から逃げるのに間に合わないメンバーがでたり、フカ次郎のミステイクのせいで全滅したり、いいところがありませんでした。
特に海面上昇から逃げれなかったソフィーがかわいそう。チームのために自分の装備を捨ててまで対物ライフル運んでるのにそれが生かせないというか、逆にあだになって移動できずに水没死って悲しすぎる。でも潔くてあんた男の中の男だよとか思ってしまった。中身女の子だけど。
また、他のメンバーもフカ次郎の武装が強力すぎたというのもありますが、場所が向いてない場所であったというのも不幸が重なった感じですね。スナイパーが多い構成でクローズドコンバット強いられるのはきつい。
僕がSHINCのメンバーだったら絶対再戦したいと思います。

結局のところ今回はレンが勝ち。
切れたレンは何をするかわからない強さと、ポテンシャルを持っているということが証明された形で終わります。
まぁ、最後はMの手助けはありましたけれど…。
まだまだ終わりそうにない本作。
毎回、ばらまかれる弾の数が半端ないですが、きっとまだ続くな。そう思ってます。
書いていてる時雨沢さんがすごく楽しんで書いてるのがわかるってのもなかなかない経験ですよね。
作者の楽しみが伝わってくる作品ってそうそうないと思うんですよ。
スポンサーサイト
Comments

Body

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト