FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

紅殻のパンドラ

同名のコミックが原作のアニメ。1クール12話でアニメ化されました。
原作を既読状態で視聴しました。
原作の既刊である8巻までのエピソードをほぼ原作準拠な展開でアニメ化している感じでした。ただ、ロバートさんの出てくるエピソードなど、順番が原作と異なっているところがあります。

主人公のネネとクラリオンを中心にした物語の作りは変わらず。
ただし、12話という尺に収めるために話の簡略化というか整理が行われています。原作に入っているくどいギャグとかは割とあっさり目にアレンジされたり、大胆に削除されたりしていました。
特に、最後のクルツ大佐との戦いのシーンはかなり省略されてしまった感じがあります。
それでも、彼が黒幕であったことはわかりますし、話の展開に問題があるわけではないのですが。
むしろすっきりして見やすかったかもしれませんね。

これ、タイトルからわかる通り攻殻機動隊につながる話でもあるのですが、電脳化とか義体のエピソードは割と抑え目になっていた感じがします。
もちろんネネの完全義体に関する話は避けて通れないので、もちろん描写されているのですが、電脳化、電脳空間に関する描写はあまり多くなかった印象です。
拓美とか基本的に電脳空間でしか出番がないようなキャラなので、印象が薄くなっちゃった感じがしましたね。

でも全体的に、まとまりがよく、義体の少女がその能力で活躍する話として、原作よりうまくまとまっていて面白かったです。
原作、わりとごちゃごちゃしてますしねぇ。
ただ、残念なのは義体の表現。OPの映像では細かく描写されているアップ画像があるんですが、それ以外は普通に人を描いて、関節部に球体関節であることを示すラインを引いただけでした。球体関節ってとがってる部分がないからおのずと、人間とは異なる描き方を必要とする部分とかあると思うのですが、その辺は作画の手間の関係なんでしょうね。
簡略化されていました。
僕としてはちょっとそこが残念に思えました。

スポンサーサイト
Comments

Body

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト