FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

新約 とある魔術の禁書目録15

新約 とある魔術の禁書目録15

鎌池和馬:著
はいむらきよたか:イラスト
電撃文庫


このアイテムの詳細をみる
新約15巻目。
前巻から引き続いて上里勢力との戦いを描いています。
とはいえ、一度、上里勢力と協力してバードウェイ姉妹を助けたことから、一度、痛み分けで上里勢力は上条ちゃんのところから引いたというところから。
話的には前巻の話の翌日の話となっています。禁書目録のストーリーの流れってちょっと忘れがちなんですが、すごい各巻の話の間がないんですよね。
それで上条ちゃんは留年寸前の状態(入院や事件に巻き込まれての欠席が多いので)というところから始まっています。
13巻で僧正が上条ちゃんの学校をぶっ壊した被害があったので、学校ごと、他の学校へ間借りするために移動するという流れ。
で間借りした先に転校生として上里がいて、角突き合わせるという展開になっていました。

上里勢力との激突が即勃発するのかと思いきや、そういうことはなくて、なんとなく日常の一風景が展開されるところから始まります。
それが、だんだんときな臭いところへシフトしていくのが、すごく読んでいて嫌な感じでした。
最初、上里の義理の妹である去鳴(サロメって読めねぇよ)が、すごい悪人的に描かれていて、御坂や一方通行に突っかかって悪い方向へ彼女らを牽引したので、この人物が今回の最終的な敵なのかと思いましたが、ミスリード。
去鳴のやり方(敵を倒すために周りを切り崩しにかかるやり方)よりも、上里(敵を倒すために周りに悪意を振りまいて後押しして輪を崩し、敵を孤立させるやり方)がすごく気持ち悪い。ものすごい悪意あるやり方で、上条ちゃんが青髪とかに白い眼で見られたりするのがすごくつらかったです。
日常を破壊しに来るっていうのは、上条ちゃんみたいに人の善意を信じて輪を作っていく人物にはかなり堪えるやり方だったと思います。
これが分かった時点で、あぁやっぱり上里と激しくぶつかりあうのか、上里は魔神に恐怖心を抱いていて「理想送り」で魔神であるオティヌスを、そしてその理解者である上条ちゃんを排除しようとしてるんだなぁと思いました。
途中、良い感じに会話とかしていたのに、結局わかりあえなくて戦うのかと思っていたのですが、実はこれもミスリード。
前巻でメインのストーリーの裏で動いていた木原一族。前巻では結局最後のいいところを木原脳幹が持っていきましたが、その脳幹に残される形になった木原唯一が、脳幹を失った復讐を目的に動くというのがメインストーリーでした。
途中まで上里勢力がメインで描かれていて、木原唯一の側が幕間で描写されていたので、また裏のストーリーなんだろうと読んでいたら、こっちがメインでした。
しかも、12巻から出てきてた伏線を全部使いながら、凶悪な感じに敵のボス的に出てくるとは思いませんでした。
まさか、そういう展開になるとはという感じです。

この巻では決着は結局つかず、決着の確認をするために次の日に学校へ上条ちゃんが登校するというところで終了してました。
上条ちゃんと周りとの絆が、上里のやり方程度で切れちゃうようなやわな絆じゃなかったのは何よりですが、これから木原唯一が倒せてないことが確認されるんだよなぁと思うと次の巻でどうなっていくのかが怖いです。なんか、木原唯一さん、アレイスターに焚き付けられているし。
あと、追い込まれて、去鳴に焚き付けられた結果、悪い方向へシフトしてしまった御坂が心配。いろいろ追い込まれた結果ではあるけれど、最初のきっかけは去鳴だったよなぁと思いました。去鳴、普通に共闘してたから忘れがちですけれど。
ただ、去鳴のセリフにある通り、彼女はもとから危うかったので、遅かれ早かれなのかなぁと思わないでもない。でも、去鳴が焚き付けなければ、そのまま悶々としていただけかもしれないとも思っちゃうんですよね。
御坂は禁忌に触れてしまった感じですね。彼女が使った道具はどうも、魔術がらみの制御も使ってるぽくて、彼女の体に負担もかけていた。そして彼女は魔術側を今まではそれほど意識していなかったけれど、今はブレイクスルーを得るためのものとして認識してしまった。魔術としては認識してないけれど、そういうものがあると知ってしまった。
まずい方向へシフトしていく形でそれが表れていて、すごくハラハラする終わり方でした。のんきに学校行ってる場合じゃないだろ、上条ちゃんとか言いたくなります。
なんか、戦闘の後処理とかがおざなりというか、戦闘の場に居たんだから、その後の様子確認くらいしようよ上条ちゃんと思いました。確かに御坂の方から姿を消したんだけどさ。探して追いかけるくらいの事はしてほしかった。
あの直後だったらまだ引き返せたかもしれないのに。そんな風に思いながらこの巻のストーリーは終了。

次にどうなっているかがすごく不安になる巻。
そして、敵のやり口がどれも読んでいて不快になる巻でした。
スポンサーサイト
Comments

Body

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト