FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

最近の漫画に満足いかないのかな?

最近の漫画に満足いっていない気がするのです。
基本的には僕はマイナーな作品を好むというのがあるのですが、それなりにメジャーな作品も読んだりします。
満足いってない気がするのはメジャー漫画の続編に分類される作品群。
かつて大好きで、読んでいた作品の続編が刊行され始めて、読み始めるのだけれど、なんとなく満足いかないのです。

そういった作品は説明が不足している。
これは前作を読んでいることを前提に描かれてるのでそうなるのでしょうけれど、ご新規さんお断りな雰囲気が作品に流れているのが気に食わない。まぁ、それだけなら、前作前提としているから、説明は省いたということで納得できるのだけれど、それ以外の情報も絵に頼って説明が不足している作品が多いのではないのか…。と思っているのです。
今日、僕が買った漫画もそんな感じで、前作よりも格段に画力が上がった作者さんは、絵に頼った作風を構築していて、キャラクターのセリフによる説明ってのがすごく少なく感じるのです。
その説明不足がとても嫌な感じに感じるのです。

こういった、ちょっとした気になる部分があるのが、作品を楽しむという面の阻害になってしまっていて、気になるのです。
たぶん、作者の側から言えば絵を多めにして、キャラクターの会話というのは必要十分な程度で多めにはしないことで、作品世界に入り込みやすいだろうという思想で描いているんだと思うんですけれど、受け手と書き手のスタンスの違いっていうのが僕の場合出てしまって、台詞による説明や、作品の雰囲気の構築ってのがほしいと思ってしまっているんでしょうね。
その辺が難しいところです。
もちろん、それで気に食わなければ、読むのをやめればいい。そういう選択も僕にはあるわけですが…。

でもやっぱり昔読んでた好きな作品の続きとなれば、チェックはしたいものじゃないですか。
そういうのを読む層ってのを狙ってそういう作品を出しているんでしょうし。
なかなかにジレンマなのです。
スポンサーサイト
Comments

Body

« »

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト