FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

屍者の帝国

Project Itohのアニメ化作品として最初に劇場公開された屍者の帝国。
劇場には行けなかったのでBDを購入して視聴しました。
原作の本はすごく僕にとって難読というか、読むのに時間がかかった本でした。いろいろな要素がものすごい量と質で圧力がかけてくるような作品で、いろいろな舞台を転々としながら、主人公であるワトソンの考え方が変わっていくさまを描いていた作品でした。
そのワトソンの考え方の変遷という要素に人の魂とは何なのかというのを組み合わせて語っていく、それが原作のテーマになっていました。

対して劇場アニメとなった本作は、人の魂とは何なのかというテーマはそのままに大胆なアレンジがされて、基本的な流れ自体は変わらないものの、各キャラクターの心情や立ち位置、立ち振る舞いなどがものすごく変わっていてびっくりしました。
そもそも、公開前からフライデーがワトソンの友人であったして設定されているということが、公表されていて、思い切った変更だなぁと思っていたら、全編にわたってものすごい変更がされていてまるで別作品という感じでした。でも、一通り見た感想としては、やっぱり屍者の帝国なんだなというのは変わらなかった。さすがというところでしょうか。
かなり長い物語なので、2時間という映画の尺に収めるためにものすごい労力をかけて、本筋を変えないで、物語の落としどころを探った結果、こうなったという感じでした。
原作より話がシンプルで僕は好感を持ちました。

ただ、尺の関係からか、重要なセリフやキャラクターがカットされてしまっているのは残念です。設定にだいぶ変遷があるとはいえ、原作を読んでいる僕は、このカットされた部分を補ってみることができますが、原作未読で初見の人には、かなりわかりにくい作品になってるんじゃないかなぁ。
Mがなぜそのような行動をとったのかとか、ザ・ワンの行動の動機なんかを語る部分が省かれているので、最後の方で彼らがなぜそのような行動をとっているのかがわからない。
また、ワトソンがハダリーを通じてMやザ・ワンの動向を知るのですが、ハダリーに対する信頼度が上がるシーンがあまりないうちから、謎の美女であるハダリーを信じ切っているとか、ワトソンやバーナビーがひどくお人よしに見えてしまう点など、ちょっと首をかしげたくなる感じがあったのは否めません。
場面が次々に展開していく作品ですので、入れ込む場所がなかったのはわかりますけれど。
アメリカ編がかなり簡略化されちゃってて(その他もたいがいですが)、初見殺しになってました。

ワトソンとフライデーの関係性を変化させたのはすごくいい感じでした。原作ではどんどん変遷していくワトソンの考え方が、一貫性をもってフライデーの魂と再会したいというものに変わっているので、物語の軸としてそれが存在し得る。
もともとの原作は、魂とは何かというのを問いかけ、それに対してワトソンの考えが進行していくのが軸であったのですが、物語としてはそれはわかりにくい。
ワトソンの考えを読み損ねると次になんで彼がそういう行動をとっているのかがわからないという事態になる傾向がありましたけれど、映画ではそれはありませんでした。
一貫して彼は21gの魂のありかを探している。それが何かを探してる。そのために無茶もするし、行動していくというキャラクターになって居ました。
原作と一番イメージが変わったの、主人公なんじゃないですかね?

尺の問題で話が分かりにくいものになってしまった代わりと言っては何ですが、絵はすごくきれい。さすが映画作品だなぁと思いました。
アフガニスタンの自然や、日本、アメリカ、ロンドンの風景など、それぞれに特徴がきちんとでていて、背景に見とれてしまう感じがしまいた。もちろん、前で動いているキャラクターも丁寧ですごく満足できるアニメでしたね。
Project Itoh、金かかってるなぁって思いました。

全体的には面白い映画でした。でもやっぱり説明不足からの初見殺しではあるよなぁと思います。
かなり難しい映画になってしまってるかなぁ。

屍者の帝国
アニプレックス


このアイテムの詳細をみる
スポンサーサイト
Comments

Body

« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト