FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

新約 とある魔術の禁書目録14

新約 とある魔術の禁書目録14

鎌池和馬:著
はいむらきよたか:イラスト
電撃文庫


このアイテムの詳細をみる
新約14巻目。
上里勢力と上条ちゃんが戦う構図を描きながら、本来の「とある魔術の禁書目録」に戻ったような感覚を抱いた巻でした。
何かに非常に追い詰められた少女がいて、上条ちゃんがそれを救うと言う流れ。もともとの1巻目や2巻目の流れを今やったらと言う感じがしました。
上条ちゃんにとっては、大きな世界の流れとか、幻想殺しと対をなす理想送りとかは、どうでもよくて、目の前に居る少女を助ける方が重要で、そしてその少女の問題をよりよいように解決する事が問題であって、誰かが犠牲になるようなやり方は否定すると言うスタンスを決して崩す事のない上条ちゃんのスタンスの再確認の話になっていました。

このところオティヌスや僧正なんかの戦いとかを通じて、ブレかけていた上条ちゃんのアイデンティティの確認を1冊の物語を通してやったというのがこの作品でした。
ただ、最初のインデックスや姫神を助けた時とは違って、上条ちゃんの周りの状況が複雑化しているというか、周りの思惑が顕著に出てきていると言う面もあるし、周りに居る人物の多さもあって、ただ、少女を救って終わりと言う風にはなってません。
今回は、2人の少女を救う必要があって、片方は上条ちゃんのもとに居て、もう一方は上里のところに居るということが複雑さに拍車を掛けています。
互いを救おうとする姉妹、ただ、その両方のやり方が自らを犠牲にするやり方で、それを上条ちゃんは許せない。諦めちゃって両方が助かる方法を模索しないのを彼は良しとしません。それに対して、上条ちゃんに戦いを挑んできた上里は彼女らのやり方を肯定して諦めています。
それが上条ちゃんのアイデンティティを取り戻すきっかけになっていたのが、2人の大きな対比になっていて面白かったです。
上里が平凡な高校生と書かれているのですが、歪んでいて、どちらかというと悪に見える書き方も特徴的だったと思います。

上里が出てきた事、裏で木原が動いていた事とか、昔の様に単純な話にはなり得なくなってるのが新約の「とある魔術の禁書目録」なんだろうなと思いました。
そして、前巻に続いて最後の決着を付けるのが上条ちゃんじゃない…。
今回はネフテュスが良いところをかっさらって行ってます。
ただ、これで、魔神はほぼ居なくなった(少なくとも上条ちゃんの前に出てきたのは)という事になるのですが、今後はどういう風になっていくんですかね。
しばらくは上里の勢力と戦っていくことになるのかな?
スポンサーサイト
Comments

Body

« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト