FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

六花の勇者

同名のラノベ原作のアニメ。1クール、12話で放送されました。
原作は6巻まで刊行されており、未完で現在も刊行が続いています。
原作は未読でしたので、どこまでのアニメ化だったのかは分かりません。
TVアニメとしては割と珍しい、本格的なファンタジー作品で、定期的に蘇ってくる魔神を再封印するために選ばれた英雄が集まると言う物語となっています。
かつて魔神を封印した英雄の力を受け継いだ勇者が6人、魔神が復活した時には現れると言う伝承に基づいて、勇者が各所から集まってみたら7人居ましたと言う話。1人は偽物で敵ではないか?と事になるので、7人目探しをするフーダニット作品。

最初は普通のファンタジー作品として見れるのですが、六花の勇者が集まっていくにつれ、各人物の疑心暗鬼によるいざこざが表面化していきます。細かい所で、各人が疑われる種を持ちうる形になっていました。
誰もが怪しいし、誰もが勇者としての素質や理由を持っていて、7人目は誰だろうと推測していくのがこの作品の楽しさだと思います。
主人公に当たるアドレットだけは六花の紋章を受け継ぐシーンが描かれていて、視聴者はアドレットの視点で作品を見ていく事になります。
六花の紋章を受け継ぐシーンがある=つまり、アドレットだけは本物と言う事が視聴者には分かっている訳ですが、それとは反対に登場人物の間ではアドレットが1番に疑われて危機的状況になっていくと言うのがヤキモキするところでした。
珍しい作品展開で面白かったです。

フーダニットをメインにしているので、アニメは終了時点で7人目=偽物が判明した所で終了しています。
ところが、その直後にもう1人の六花の紋章を持つ勇者が現れて、振り出しに戻ると言う展開。
これ、もしかして、ずっとこんな感じで原作は展開しているんですかね?(笑)

綺麗にまとまっているし、2期目があるかは分かりません。
ラノベのPVアニメなんでしょうけれど、出来が良くて面白かったです。
原作が気になりますね、最後はちゃんと魔神を封印するんですかね?これ。
キャラクターの疑心暗鬼が強まるのに合わせるように主題歌が変えられていたのも、効果的で良い感じでした。

スポンサーサイト
Comments

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト