FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

クランチ文体。

作家の冲方さんが使いだした文章表現法にクランチ文体と言うのがあります。
主に冲方さんの作品でSFに位置づけられる作品で使われる文体ですが、文章を細切れにして「=」「/」「+」「×」等の記号で繋ぎ表現するという独特の文章表現法です。
慣れると読みやすくて、文章に疾走感とかを感じるんですけれど、慣れていないと頭に入ってくるのが逆に時間が掛かったりします。表現されたイメージを強烈に脳内再現してしまってそこで思考が止まるんですよね。
表現方法も善し悪しと言う事でしょう。

僕はマルドゥック・シリーズやシュピーゲル・シリーズで使われているのを何冊も読んでいたので慣れているはずだったのですが…。
新刊のテスタメントシュピーゲルの続編を読んでいたら、あまりに久しぶりで読みにくい。
テスタメントシュピーゲルは1巻が出た後、ずっと刊行が止まっていたのですが、考えて見ると、冲方さんのSF作品というの自体久しぶりなんだなぁと感じました。
そのわりに分厚い本であるテスタメントシュピーゲルの2巻目…。
さて読み終わるのはいつになることやら。

クランチ文体への感覚も取り戻さないとなぁ。
クランチ文体で書かれた作品は、それにまず慣れないと楽しさ半減なので。
スポンサーサイト
Comments

Body

« »

06 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト