FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

冴えない彼女の育てかた

1クール13話でノイタミナ枠で放送されました。
ノイタミナの1クール作品って11話とか12話が多いと思うんですけれど、例外的に1クールで最大となる13話での放送でした。ただし、最終週の放送は2話分でした。
また、話数のカウントは0話から始まっていて最終話が12話なのも特徴的だったかも。
同名のラノベが原作ですが、僕は原作未読で視聴しました。

オタクな少年が同人ゲーム制作を目指して、そのスタッフの女の子と仲良くするストーリー…なはず。
典型的なハーレムものですが、出てくる女の子の方が主人公の倫也君より才能にあふれてるキャラなので、ツンデレ傾向にあってあんまり仲良くするという印象は残らなかったです。
また、ゲーム制作に目がいっているので、恋愛的な要素は少なめだったかと思います。
それなりにラブコメしてはいるのですけれど、どちらかというと恋愛感情が後回しになっていた感じがします。
スタート時でそれぞれのキャラクターに対して既に何らかのフラグが立っている状態で、反目するそれぞれのヒロインをどのようにまとめてハーレムを構築するかといった内容だったのかしらと見終わってから思いました。
ハーレム…とは程遠いんですけどね。
本来の話の主軸は、ヒロイン候補である加藤さんを立派なヒロインとしてキャラ立ちするように育て上げるのが趣旨だったはずなんですけれど、それ以外のヒロインたちのあくが強いので、加藤さんはどうしても引っ込み気味。
加藤さんはそれなりに、オタク受けするキャラだとは思うんですが、倫也君はそう思わなかった、でも磨けばそうなると確信して加藤さんをヒロインに見立てたゲームを作るという話だったように思うんですが…。
いつの間にかにゲーム制作のスタッフをまとめ上げるのが主軸の話になってましたね。

ご都合的な展開が多く、主人公の周りに適材適所のようにスタッフ候補が居るあたり、苦労無くゲーム制作が進んでいる感じ。
そもそもゲーム制作についてはあまり作中でメインで語られないので、どのような形で進んでいるのかは分かりにくいです。それが主軸の話ではないですから、仕方ないですけれど。
やっぱり女の子たちをどう喧嘩させずにまとめるかを楽しむ話だったのかなぁと思います。

ストーリー的にはまとまりが良いような良くないような。
結局ゲームは完成前で終わってしまいますし、一通りゲーム作りに協力体制が出来上がったというところで最終回。
尻切れトンボな印象は否めないです。
0話目がそもそもゲーム完成後の話だったようなのに、途中が飛んじゃってる雰囲気は否めませんでした。
それなりに面白かったし、絵も綺麗だったんだけどなぁ。
なんとなく残念な印象が残ってしまったなぁという感じがします。せめてゲーム完成、コミケ参加!みたいなところまではやってほしかった。
そうなると2クールとか必要なんでしょうけれど。
話の構成って難しいんだなぁと感じた作品でした。

スポンサーサイト
Comments

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト