FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

ククリナイフについて疑問に思った。

小5殺害、ククリナイフを使用か…DNA型一致

小学校5年生男児が刺殺されるという痛ましい事件ですが、続報が次々に上がってきていて、容疑者男性の容疑が固まりつつあるといったところです。
まだ、否認しているようで動機などはわかっていませんが、凶器とみられるナイフから血液が採取され被害者のDNAと型が一致したとのこと。
これでほぼ容疑者の犯行であることは間違いなさそうですので、ご近所の方は安心されていることでしょう。

さて、犯行に使われた凶器とされるナイフですが「ククリナイフ」という代物です。
普通の人はあまり知らないと思いますが、ファンタジーのTRPGなどをやっていると武器として頻繁に登場する代物となっています。
ここで疑問に思うのが、どうやってそんな「武器」にカテゴライズされるようなものを容疑者が入手したかということでした。
のでちょっと調べてみると普通にAmazonで購入できるのねククリナイフ。
ちょっとぞっとした。

このククリナイフですが、もとは農作業や狩猟につかわれていたもので、特殊なものではありません。
それが武器に転用されてきたという歴史を持つものですので、刀のような類よりは、斧のような生活用品だったというのがその出自になります。
が、これを日本で利用するかというと否だと思います。
よっぽどの趣味人がコレクションするのでもなければ、これを使う用途が思いつきません。
Amazonではスポーツ、アウトドアのカテゴリで購入できるようでしたけれど、いくらキャンプや山登りをするといってもこんなでかい刃渡りの刃物が日本で必要になるかというとかなり疑問な感じです。
そもそも銃刀法からするとしっかりと違反に入る類の刃物ですしね。

銃刀法というのもかなり抜け道が多い感じです。
生活用品である包丁を除外できるように、うまく作っていかないといけない法律である難しさというところでしょう。
包丁の扱いを抜け道として、こういったナイフ類がきちんと規制されていないという状況ができてしまっているようです。
この事件をきっかけにもう少し規制が厳しくなることでしょうね。
それでいいんだと思います。
抜け道や穴があるのは良くない。法律的にこう言ったあからさまに「武器」である刃物については規制していけるべきだと僕は考えます。
法律を考える仕事の人はその辺をきちんと対応していってほしいですね。
スポンサーサイト
Comments

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト