FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

M3~ソノ黑キ鋼~

2クール24話で放送されました。
河森さんがメカデザインを手がけたロボットもののアニメですが、ホラー色が強く、通常のロボットものとは一線を画した内容となっています。
オリジナルアニメではなく、かつてコミックブレイド誌上で連載されていた「Mortal METAL 屍鋼」という作品が原案になっているようです。
原案となった漫画については未読で視聴しました。

冒頭数話で抱いた感想は「よくわからない」というものでした。
どう評価して良いか迷ったんですよね。面白くなるのかつまらないのか、それすらいまいち判断つけづらくて、とりあえず最後まで見て判断するかという感じの作品でした。
なんか無明領域とか屍鋼とかイマシメとか、創造された用語が最初からバンバン頻出して、それがいったい何なのかという説明的な表現が少なかったため、困惑しました。
話数が進むにつれて、それが何なのかというのが徐々に開示されていくという作りになっていて最後には謎は全く残さず、きれいに終了するという作りになっていました。
意図してそういう構成、展開にしたんでしょうけれど、ちょっと戸惑いは大きかったですね。

ロボットものなのですが、前述したとおりホラー色が強いです。
イマシメという存在や無明領域に入っていると屍鋼化して死ぬとか、そういったホラー的な要素があって、ロボットはそれに対抗するための存在として描かれています。
また、精神同調みたいなことができないと、屍鋼化が早く進む等、話を構成するガジェットはホラー寄り。そこに無理やりロボットを埋め込んだ感じがしました。
ロボットにも精神同調を基本とする機能なんかが盛り込まれていたりして、かなり頑張ってホラーでロボットものをやろうとした感じが見てとれましたが、ちょっとミスマッチ感が否めなかったかもしれないです。
ロボットをはじめとしてメカはCGで描写されているんですが、かっきりしすぎてホラー色の強いストーリーに合わなかった印象を持ちました。

ストーリーが徐々に開示されていくに従って、あぁ、なるほど、これはこういうことなのかと、目の前がクリアになっていく展開ではあるんですけれど、ちょっと登場人物にあまり魅力がないというか、印象希薄な感じがするんですよね。
描かないといけない要素が多すぎて、人物描画が少し足りなかったかも知れないです。
僕は見ていて、主人公であるアカシの心情は納得いくものがありましたけれど、他のキャラクターはテンプレートみたいに見えてしまって、あまり感情移入ができませんでした。
特に、最後のキーキャラクターになるミナシについては、まったく感情移入ができず、見ていて拒否反応が出そうでした。すごく嫌なキャラクターに思えてしまったんですよね。多分、ミナシの言い分もわかるし、でもアカシの言う方が正しいという持っていき方が制作側の意図だったと思うんですけれど、僕は見ていてミナシの言うことは気持ち悪いし独りよがりの子供の理論でしかないと思ってしまった。それを悟ったように人に押し付ける嫌なキャラクターとしてミナシが映ってしまいどうしても、最後の戦いが盛り上がらないというか、なんでそんなに皆、苦悩しながら戦ってるの?という気分にさせられてしまったのが残念だった。
嫌なキャラクターとしてはイサクというキャラクターが用意されていたにも関わらず、イサクよりミナシが嫌なキャラクターとして印象に残ってしまったんですよね。
これは制作の意図するところじゃないと思います。
でも意外と僕みたいに感じた人、多いんじゃないかなぁと思います。

原案有ですけれど、ほとんどオリジナルの作品として作成されていたので、話はきっちり終わる。これはすごく良いこと。
最近、きちっと終わらない作品ばかり見せられているせいか、そんな単純なことで作品の評価が高くなるなぁと思いました。
決して、僕の好みに合う作品ではなかったけれど、最後まで見た感想としては、それなりに楽しんだかな?というものでした。
登場人物への感情移入は前述の通りあんまりできなかったんですけれど。
ロボットとホラーの組み合わせって難しいね。

M3~ソノ黑キ鋼~ Blu-ray BOX 1
Happinet


このアイテムの詳細をみる

M3~ソノ黑キ鋼~ Blu-ray BOX 2
Happinet


このアイテムの詳細をみる
スポンサーサイト
Comments

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト