FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

東京ESP

同名のコミックを原作とするアニメ。1クール12話で放送されました。
簡単に言えば超能力バトルものなのだけれど、ドンドン超能力者がふえて、病気のパンデミックのように混乱と超能力者の犯罪が増えていく中、正義の味方であろうとした少女とその仲間達のストーリーとなっています。

1話冒頭で最終話付近の大きな事件を描いて、2話以降では時間が巻き戻ってそこへ至る顛末を描くという構成になっていて、話にはすんなり入っていけた感じがします。
最初の大きな事件がインパクトがあるので、それでつかみはオッケーという感じですかね?
逆に2話目以降の話を順繰りに描いていったら、なんか中だるみというか面白く無かったかも。

超能力者が増える謎とかも一応、描かれていて、事の顛末やら敵が目指そうとしたこと、主人公であるリンカ達がそれに抵抗した理由なんかも必要なことは全部描ききられていたけれど、途中途中場を盛り上げる為になのか入れられるギャグパートや、師匠がパンダのぬいぐるみを被ってるとかなんか、気をそぐ要素があったのが気になった。
普通にギャグ入れないでシリアス一辺倒で行った方がこの作品には良かったんじゃないかなぁと思う。
あとは、きちんと必要な事は描ききられているのだけれど、原作が終了していないアニメの宿命として、最後が「俺たちの戦いはこれからだ!」エンドだったのが何ともちょっと悲しいかなぁと思いましたね。
今後の可能性を摘まないという意味があるのかも知れませんけれど、この作品としては最後をちょこっと改編しちゃって事件や、超能力者が増える仕組みなんかを暴いて停止させちゃうエンドにしても良かったんじゃないかなぁ。
そう言う原作から改編するって最近の作品ではしなくなったよね…。
それはそれで良いのか悪いのか。
僕としてはアニメはアニメ、原作は原作と思っているので、メディアミックスであっても結末とか変えてもいいと思ってはいるんですが、大人の事情なんですかね。

超能力バトルものとしてはそこそこ楽しめたけど、ちょっとキャラが薄かったかなぁ。
キャラへの感情移入が少し甘かったかも知れない。
その辺で僕としてはあんまり楽しめなかったかも。
ギャグがなければなぁ。キャラ薄くしてるだけだと思うんだけどなぁ…ギャグパート…。

スポンサーサイト
Comments

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト