FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

RAIL WARS!

1クール12話。同名のラノベ原作のアニメ。
国鉄が分割民営化されなかったというパラレルの世界観で現代の物語。
国鉄へ入社したい若者のOJT研修がストーリーになっていて、その中で鉄道公安隊に配属された若者達の物語を活躍と恋愛模様を描いています。

主人公の高山は国鉄の運転手志望のガチの鉄オタ少年なんですが、OJT研修では鉄道公安隊に配属されて、その持ち前の使命感によってトラブルを解決していくという話が主軸。そして、その高山の周りに集まった女の子がドンドンと高山のことを好きになっていくという恋愛モノとしてのストーリーがサブのストーリーなんですけれど、どちらかと言うと恋愛モノの描写が多くて、ストーリーとして主軸の鉄道で起こるトラブルを描いているのに、絵として見せられてるのは女の子の身体といったギャップがあったような気がします。
これ、純粋に鉄道ファンな人が見たらどうなんだろう…。
恋愛モノなら恋愛モノとしての流れを重視した方が面白いんじゃないかなぁとか思いながら見てました。
しかし、ちょっと恋愛モノとしては高山に次々と女の子が惚れていくのは、都合が良すぎるかなぁと思ったり。
特に、ヒロインの1人である桜井は強い男性に惹かれるタイプだろうし、高山はどちらかと言うと逆のタイプです。またゲストでちろっと出てくるキャラクターもことごとく高山の方を向くんですよね…。
まぁ、今時のハーレムものなのかなぁと思いながら見てました。

鉄道アニメとしては、出てくる車両がいちいち国鉄時代の車両なんですよね。
というか、分割民営化されてないという設定を受けてのことなのか、JRに入ってから出てきた車両は出てきませんというか実用化されてないようなんですよね。
新しい車両が出てくる度に高山のうんちくうざいし。(笑)
その辺の事が、何となくギャップに思えました。当然安全装置とかが国鉄時代のもので止まっているようなのですが、登場人物は普通にスマートフォンやパソコンでやりとりを行ったり情報収集したりしてる。
舞台設定として国鉄にこだわり過ぎているせいで、どことなく違和感を感じずにいられませんでした。

恋愛モノと鉄道モノが同居出来ないとは言いませんが、ちょっとしっくり来ない作品でしたね。
昔の車両が絵としてだけど見れるのは面白かったですけれど。
最終回の「はつかり」とかちょっとわくわくした。(笑)

スポンサーサイト
Comments

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト