FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

悲業伝

悲業伝

西尾維新:著
講談社ノベルズ


このアイテムの詳細をみる
5冊目。
当初のシリーズ予告では心無き少年(=空々空)の非業の死と銘打たれて、悲報伝でもその予告でシリーズ終了巻として予告されてたんですけれどね。
シリーズが終わっていないどころか、悲痛伝で終わるはずだった四国シリーズが終わっていません。どういうことでしょう。
この分厚くて2段組の印刷がされている本で、早々予告とずれるってのは無いと思うんですけれどね。
2巻で終わるはずだったものが5巻で終わってないって、もう意図的だろオイっ!とツッコミを入れたくなる状況では有ります。
僕としてはこのシリーズはもの凄く面白いと感じている訳でもないので、早めに切り上げてもらっても構わないのですが…。
それでも読んでいるのは、それなりに読んでいる間は楽しいと感じるし、それと僕が途中で止められない質であるからなんだけれど、これどこまで続くの?
流石に四国シリーズはそろそろ終わるとは思うんですけれどね。

さて今回は寄り道回でした。
この分厚い本、丸々1冊、寄り道回です。
最後に本道に戻るようにはなっているのですが、まぁ確かにこう言う組み合わせの人物が空々君の前に出てくるとなるとそれなりの説明パートが必要なのは分かります。
ですが、丸々一冊とは恐れ入った。
豪勢過ぎるだろ誌面の使い方が。
西尾維新さんの作品で、ネームバリューでそれなりに売れると分かってなかったら許されないだろうなぁというボリュームです。
実際に、西尾さんを絶賛というか西尾さんに続けという作家を発掘しようとしている星海社の新人賞では長すぎる作品は、編集に弾かれるという傾向にあるのにも関わらず、当の西尾維新がそれに反した作品書いてるっていうのは面白いとは思いますけれどね。
それにしても長くて労力要るんだよなぁこれ読むの。

左右左危博士と氷上竝生が、空々君の捜索と悲恋の回収に四国を訪れるところからスタート。
スタート地点が空々君と同じところから始まるので、何となく早回しで空々君のたどった道のりを見直した印象があります。実際には通った所は違いますし、遭遇する魔法少女も違うんですが。
視点が空々君から竝生に変わった事もあり、何となく読みやすさを感じました。終始、相手に対して「この野郎…」と腹に抱えながらそれに耐えて、従いつつ行動している竝生の涙ぐましい行動がちょっと面白い。
それと、2巻で空々君と戦って以来、行方知れずで何時襲ってくるか来るかと言われていた、魔法使いストロークの心情とか描かれていて、こういう感じだったのかと裏話的な所をずーっと追っていた感じです。
それで最後に役者がそろって終了。

役者はそろいましたけれど、本当に終わるのかと心配になってきますね。
なんか、7巻の名前を考えないといけないとか、あとがきに書かれているし、とても不安。
次どうなるんだろうなぁ。全く読めない状態にしているってのは西尾さんの手の内ってことなんだろうなぁ。
スポンサーサイト
Comments

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト