FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

口腔内のやけど

土曜日の朝食にパンにチーズを乗せて焼いたものを食べたのですが…。チーズがものすごく熱くなっていて口の中をやけどしました。
3日目であるというのにまだひりひり感が残っています。
とはいえ、やけどしたのが3日でほぼ治るというのが口腔内やけどの特徴だと思うのですが、なんでだろうと不思議に思いました。

ちょっと調べてみると、粘膜の傷は普通の傷より治りやすい。湿潤療法が自然にできる。重層扁平上皮におおわれているので口腔内の上側は治りやすい。などなど、いろんな理由によって口の中ってのは傷ができても治りやすい環境にあるようです。
確かに、口の中って人間の部位では怪我しやすい部分ですし、食事によるやけどなどもしやすい部分です。
それが治りやすくなっているというのは生物として当たり前なのかもしれないですけれど、不思議なものでもあります。
そう進化してきたってのはとても不思議。

そもそも、100℃に近い温度のお湯に手をつけることはできなくても、飲むことはできるってのも不思議ですよね。口腔内はその温度に耐えられるようになっているってことですから。
野生動物の食事を考えて、そんな温度のものを食べるとは思えないんですけれど、人間だけなのかなぁ?熱い温度の食事に耐えられるのって…。
犬猫はどちらも猫舌だといいますしねぇ。
猫舌でも人間のほうが熱い食事に耐えられる気がします。
やっぱり人間は料理した食事に対応して進化しているんでしょうかね?
焼いた料理に対応するために口腔内が進化してるとしたらすごいことだなぁなんて思いながら…。
口の中のひりひり感が早く無くなってくれるのを祈るのです。
あと1日位かなぁ?
スポンサーサイト
Comments

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト