FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

ブレイドアンドソウル

同名のMMORPGのPRアニメなんだと思います。
韓国、中国で公開されていたゲームが日本に上陸するタイミングでTV放送されました。1クール13話。
正直期待していなかったんですよね。ゲームのPRであることは明白でしたし、ストーリーもゲームの展開に差し支えないレベルで誤魔化されているんだろうなぁと思いながら、最近のCGアニメのレベルはどんなもの?という興味から視聴するのを決めたアニメでした。
これがどっこい、なかなかに出来がよいアニメでびっくりしました。

ストーリーは暗殺者として生業を立てている一族に育てられたアルカが、師を殺した敵であるジン・ヴァレルに復讐するための旅を描いています。
そのさなかで出会う人々とのふれあいや、ジン・ヴァレルのとの戦いでアルカがどういったことを感じ、どのような考えに至っていくかが描かれているのですが、きちんと起承転結をもって描かれていて、ジン・ヴァレルとの戦いの結末まできちんと語り終えています。ゲームのほうでも核になる話でしょうにアニメで描いちゃっていいの?っていう心配になりましたが、まだ伏線とか残ってはいるので、そちらがゲームではメインになっていくのかな?
まぁMMORPGですからアニメで描かれたストーリーはイベントのひとつでしかないのかもしれませんが…。

暗殺者として生きてきた人間が、人を殺めるということを改めて考えて、苦しみ、悩みんで、そして生きる道を再び取り戻すまでの道のりが描かれています。
アルカは結果として暗殺者としては廃業ということでしょうけれど、剣を捨てることは結局出来ないままでしたが、それはこの世界観ですので傭兵とか用心棒として生きていくということになるのだと思います。
もう1人の主人公とされているジン・ヴァレルと戦ったことによってというより、酒屋の女将であるカレンと戦ったことのほうがアルカにとって与えた影響が大きいのは、ご愛嬌なのだろうか?
まぁ、ジン・ヴァレル戦がなければ女将と戦うことも無かったわけだけれども。

13話目はなんかボーナストラックみたいな感じで、その後の登場人物たちのどたばたを描いています。
これってさ、普通はBDやDVDに未放送話として収録されるんじゃないの?という話でした。そこまでTVで放送しちゃっていいのかしらという感じ。
まったく期待してなかった分、その骨太なストーリーやきちんとした作りに驚きながらも、すごく楽しめました。
まぁ、ゲームのほうは持っているパソコンのスペックの関係上できなさそうですけれど…。なんかやたら月額料金も高いんですよね…。

スポンサーサイト
Comments

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト