FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

機動戦士ガンダムUC

2010年にEP1が劇場、OVAとして公開されてから4年。
EP7をもって全エピソードをアニメ化して終了を迎えました。
ガンダムとしては一番長い期間を期間を使って作られたエピソードになるんじゃないかな?
それまでは1年とか長くても2年とかでしたよね。
まぁ、00は映画まで含めれば長い期間を使ってた気がしますけれど。
それだけ大きいプロジェクトが終了したという感慨と、物語の壮大さが印象に残る作品でした。

言っていることは何となく単純で、大人のしでかしてしまった間違い、すれ違いと、それを背負った上で未来へ向かわざるを得ない子供達の物語。
富野さんが監督をしてない場合にはあまり描かれない、ニュータイプにまつわる物語が展開されました。
ニュータイプとはなんなのか、ニュータイプはどのように宇宙世紀を進んでいくべきなのかが描かれて、ミネバの口を借りて語られます。
EP7でミネバの演説が演出上途切れ途切れだったのがちょっと残念だったかな。そこがキモであったので。
それにしても、ガンダムは製作順が宇宙世紀の年代順ではないので、このミネバの演説を受け入れて良い方向に人は進んでいったのかというとそうじゃない事は、Vガンダムや閃光のハサウェイなどの、このUCの後に続く話を見れば分かってしまうのが悲しい。
まだ、ミネバの演説を聴いてその進むべき道を正しく選択していけたのは、少しの人達だけだったんだよなぁと考えると悲しくなりますね。

EP1の段階ではほぼ原作通り進むのかなぁと思っていたら、ドンドンオリジナルの展開がされていき、EP7ではテーマと基本的な流れは変わらないものの、展開は殆どオリジナルに変更されていて、原作を知っていても次の展開が愉しみであるという楽しみ方が出来ました。
オリジナルの展開に変更されたのは、原作のボリュームがアニメ化には大きすぎるというのがあったのと、商品展開で稼ごう(プラモデルの展開ね)という思惑が有ってのことだと思いますけれど、それが上手くマッチして良い物ができた感じですかね。大人の都合が上手くファンサービスになっている珍しい作品でした。
なんといっても、映像が綺麗。
ユニコーンガンダムという見た目が美しいガンダムの表現もさることながら、劇場公開されるという面と、家庭の視聴環境がハイビジョン化されてきているのが前提に作られた作品ですので、すごく映像が事細かく作り込まれていた気がしますね。

ミネバが語った人類の希望、行くべき道。
それは現代の人にも言えることで、ニュータイプと限らなくても人は互いを理解しあって、良い道を選んで進んでいかないといけないと思います。
それなのに上手く行ってない気がしますね。今の世の中。

スポンサーサイト
Comments

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト