FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

アンバランスさを感じる。

横浜市の待機児童、2年連続ゼロはならず 注目され殺到

横浜市は去年、待機児童数0を達成したって言ってたけれど今年は待機児童数は0にはならなかったようです。
残念ですね。
首都圏の待機児童数の問題は深刻なので市にはがんばってもらいたいところです。
ですが、このニュース見ててなんかアンバランスだと思いました。

日本の人口は減り続けていて出生率が低いのが問題になっています。
このままだと高齢化社会がどんどん進んでいって若い世代を犠牲にしていく社会になってしまうというのはよく言われていることなのに、待機児童の問題がクローズアップされているって言うアンバランスさを感じたわけです。
背景にあるのはライフスタイルの変化によって核家族化や夫婦共働き化が進んでいるので、子供の絶対数が少なくても保育所に預ける必要がある人数が多くなっているということ。
子供の数は少ないのに、預けなければならないない子たちの数は増え続けてるって言うジレンマ、アンバランスさがそこにあったりするわけです。

古きよき時代というわけではないですが、昔は核家族化は進んでいなかったので、仮に夫婦が共働きであっても、おじいちゃんやおばあちゃんが面倒を見てくれる。だから保育所に行く必要がないというのが普通だったんだと思います。
その前提での保育所の数しかないのに、どんどん核家族化が進めば、そりゃ待機児童も増えるよね。
保母さんや保父さんは大変なお仕事なので、なり手が少ないというのも聞きましたし。
いろいろ問題山積みな感じを受けました。

僕は親と同居しています。
結婚はまだお相手探し中というところなのですが、親と同居というのは崩すつもりがありません。
親1人子1人で育ったからかもしれませんが、大切な家族となぜわざわざ離れて暮らす必要があるんだろう?というのが僕の感覚。
もちろん嫁姑問題ってのはあるとは思うんですけれど、そういうのの対策をしていくのが今後の日本には必要なんじゃないかなぁとか思うのです。核家族化を避ける政策とかね。
アンバランスな状態をアンバランスなまま何か対策をとしても、それはひずみを大きくするだけな気がするんですよね。なんか対策とか政策とか、うまく行ってない感じをこのニュースを読んで思いました。
いたちごっこを続ける羽目になりそうとか思ったんですよ。

古きよき時代へ帰れというわけじゃないですけれど、3世代同居ってメリットのが多いと僕は常日頃思っているんですよ。
なんで核家族化するかなぁ?と言うのが僕の疑問としてずっとある。
親と同居すれば解決する問題いっぱいあるような気がするんだけどな。
家族ってそういうものじゃない?
嫁さんってのは家族には含まれないの?
そんなことをこのニュースから連想する僕。

スポンサーサイト
Comments

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト