FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

GALAXY EXPRESS 999 ULTIMATE JOURNEY 上巻

GALAXY EXPRESS 999 ULTIMATE JOURNEY 上巻

松本零士:原作・総設定・デザイン・監修
和智正喜:著
グライドメディア


このアイテムの詳細をみる
タイトルには実はノベライズとあったりします。
なんのノベライズかと言えば、企画中止になってしまった映画銀河鉄道999エターナル・ファンタジーの続編のという事になります。
松本零士作品世界の集大成となるべく、スターシステム的に今までの松本零士作品の設定を統括、1本の作品にしていく軸となるのが999だったのですが、その映画は未発表。原作と描かれた漫画も映画エターナル・ファンタジーより少し先までが描かれただけで連載が中断されて久しく、続きはもう我々ファンには届くことがないのかなぁと思っていたら、急に本屋で見かけたのがこの本でした。
その時はまだ上巻が出ただけで(今は下巻もちゃんと刊行済みです)、またこれ上巻だけで終わっちゃったりしないかなぁとか不安に成りながらも手に取った次第です。

ちょうど、ヘルザマリアとの対決が決着がついて太陽系が消滅した直後からストーリーが始まっているので、映画エターナル・ファンタジーを見ているか、原作の既刊分を読んでいるかが必須になります。
一応、体裁としては未完成映画のノベライズというスタンスなので、エターナル・ファンタジーの続編となります。
設定としては映画と原作を中庸に取り入れているようで、読んでいく中でどちらか片っ方しかしか知らないと困惑したりする部分も。また、これまでの松本零士作品をスターシステム的に統括しているので、メーテル・レジェンドやニーベルングの指輪、銀河鉄道物語などの知識が必要となります。松本零士作品をwikipedia辺りで調べてから読み始めるのが一応、いいかもしれませんね。
僕は見てない作品もそれなりに大筋は知っていたのでそのまま読んでも、それほど困惑はなかったですけれども。

これまでの999の物語とは展開がずいぶん違います。
そう感じるのは鉄郎またはメーテル以外の視点で描かれるシーンがかなりある事。つまりスターシステムで登場するキャラクターに視点が当たるシーンが結構あって、純粋に鉄郎とメーテルの旅を追っていくという形になっていません。そのことが、999作品としてはすごく違和感を覚える展開でした。
999はあくまで鉄郎とメーテルの話であって欲しいのに他の要素の説明が非常に多く必要でそれに紙面が費やされてる印象。
後、話が大きすぎてうぇえ?ってなる。まぁ、元々999のエターナル編はストーリーの風呂敷が大きくて、鉄郎とメーテルだけで解決ってのは違和感があるのですが、勿論、そうじゃないのよ?と語られてた印象を持ちました。
松本零士作品の英雄達が一同に会していくのは燃える展開なのですけれど、なんか求めていた999とは違うなぁって言う印象が否めなかったです。

上巻はエターナルに到着する直前まで。
エターナルに到着するとどうなるかとか実は語られて無くて、そこにたどり着いたら何かが起こるという事だけが先行してる感じがしました。
残念ながら999の旅の風景ってのが大分少ないので、鉄郎とかが苦労している印象は無かったです。
それよりも来るべき戦いに備えて、ハーロックやらヤマトのクルーの子孫やらデスラーやらが四苦八苦して戦力集めてるのが印象に残った感じ。
この銀河系世界を守る為だから仕方ないから手を組みましょう感が漂う同盟を結んだりしているのが何とも。
勿論、ハーロック達は戦力が集まらなかったら集まらなかったで諦めはしないんでしょうけれど、海賊の旗の下に生きる男達が政府軍的な動きをしているのがなんか悲しい感じだった。
まぁ、スターシステムですからそろってきた登場人物をまとめていかないといけないんですけれどね。

もの凄く面白いか?わくわくするかといわれるとそうじゃなく。
松本零士ファンの為の作品って感じがしますね。
僕は松本零士ファンなのでそれなりに楽しめましたけれど。
あとは999の終わりが知りたい人は読むべきなんでしょうね。ちょっと普段の999とは雰囲気違いますけれど。
でも読んでおくべきストーリーではありますか。(笑)
スポンサーサイト
Comments

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト