FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

新約 とある魔術の禁書目録9

新約 とある魔術の禁書目録9

鎌池和馬:著
はいむらきよたか:イラスト
電撃文庫


このアイテムの詳細をみる
9巻目。
新約と付けた意味が分かった気がするけれど、これ終わったらどうなるんだろうとか思ったりもした9巻目。オティヌスとの戦いが描かれるけれど、登場人物が凄く限定されていて前巻までの総力戦だ!みたいな印象からガラッと一変していて一瞬前の巻でなにがあったっけ?と思ってしまった。
つまりは前巻のラストで上条達は間に合わなかった訳で、その結果、オティヌスと上条の一騎打ちを延々と1冊分やってのけたと言う巻がこの巻となっています。
まぁ、魔神とは言え神となった者と戦う訳ですからそれなりの苦労と、道のりがないと盛り上がらないと言うものですが、本当にまるまる1冊オティヌスと上条の戦いだけで終わります。

神との戦いをどう描くのかは凄く興味があったけれど、精神論的な戦いの描写で上条が追い詰められると言う内容で凄く納得した。
圧倒的な力で終了させない理由としては「幻想殺し」があるからと言うので納得出来ますし、そうなった後で上条を完璧に負けに持っていく強制的な神の理論ってのは凄く面白かった。
誰もが幸せな世界を見せつけられて、ただ自分だけがそこには居場所がないと言うの現実を何度も見せつけられてと言う戦い。これ普通に上条の気が狂うだろうと思いながら読んでいたけれど、上条が崩壊するギリギリ前で救いの手が伸ばされると言うのは少しうるっときた。
その救いが彼がこれまでやってきた事があったから伸ばされた救いだったということも、自分自身さえも否定してしまいそうになっている時に、否定しなくて良いんだと諭してくれる存在というのはありがたいと言う感じでした。
だけど、それがインデックスじゃなかったのが、なんともタイトル的にどうなの?と思わないでもない。上条のメンタルを支えているのが段々インデックスじゃなくなっているのが少し寂しいですね。

神様との戦いじゃ、負け決定じゃんと思いきやメンタル勝負になったことで元人間って言うオティヌスのメンタルと上条のメンタルの戦いになって、上条有利という抜け道があって、それの説明があぁなる程なぁよく考えたなぁと感心してしまった。相手が神様なのにそれでも、根性論や「幻想殺し」で勝っちゃうのはげんなりだなぁと思ったけれど、この巻で語られた様な展開であれば納得がいく。
その上でオティヌスも悪い人じゃないんだなぁとか思ってしまうのがこの巻のミソなのかも知れない。結局のところ、上条抜きではあるけれど誰もが幸せな世界ってのを作ったのであるのだから。
まぁ、魔神だから心変わりがあるかも的な事は描かれていたけれど。

結局最後は上条の根性勝ちだったけど、まぁそれも納得がいくやり方だったので良しとしようと思った。なんか規模がでかくなりすぎててこの先どうなるんだろうと言う心配の方が大きくなってしまう。
オティヌス戦やグレムリン戦がここまで展開されてきたけれど、それが最後とは思えないので。
やっぱり最後にはアレイスターやエイワスと言った謎が未だ残っていますしね。
それが、これ以上の盛り上がりを見せれるのか少し不安になった読後感でした。
だって神様とやりあってるんですもんねぇ…。

そういえば、魔術サイドの人達って「幻想殺し」を持つ上条はいつも視野にいれて行動している感じだけれど、天使の力っぽいものを発現しつつある一方通行とかあんまり視野に入れてないよな。
まだ一方通行の能力より「幻想殺し」の方が脅威って事なのかなぁ。
今回のオティヌスにも上条以外は一気に処理されちゃってた訳だし。それにオティヌスが世界を作り替えてた間、一方通行はともかくアレイスターやエイワスは甘んじてそれを受け入れてたのかなぁ…そうとも思えないんだけどなぁ。
多分、その辺はあまり描写されないで終わっちゃうんだろうけれど、少し上条以外の人達のウェイトが低すぎるなぁと感じた巻でした。

しかし、上条ちゃんは常に難しい方向へ希望を持っていくね…。
まぁだから彼の周りに人が集まったと言う事なんだろうけれど。
スポンサーサイト
Comments

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト