FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

何か良い新書がないかなと検索している。

ここ数日、ラノベではなくてマジメなビジネス書や教養本を読もうかなと思って新書で良いのがないか検索してみている。
本屋さんに行ってではなくて主にAmazonさんを利用してです。

実際の本屋さんではなくてネットで検索する際のメリットとしては、在庫を気にすることなく陳列されている本の情報は手に入ると言う事。
運がよければ中身の最初数ページくらいを読むことも出来ると言うこと。
陳列されている数が膨大で、ある新書ブランドがあったらほとんどその新書ブランドで現在刊行されている本全部が網羅されている印象です。
デメリットとしては、実際に手にとって見れないので、少し読んで確認って事が出来ないこと。前述した通り最初の数ページを読める様になっているケースもありますが、それじゃ足りなかったり、そもそも中身を確認することが出来ないケースがあることですかね。

本屋さんに行くのと較べるとちょうどメリットとデメリットが逆になっていて、本屋さんは在庫が限られているのがデメリットで、在庫されているのは手に取ってみることが出来る事がメリットになっています。

よく、本屋さんはAmazonさんによって駆逐されていく運命みたいな事を聞きますけれど、まだまだその日は遠そうです。
確かに町の小さな本屋さんみたいなところは在庫が少なすぎると言うデメリットの大きさから姿を消していく傾向にあるようですが、大きい本屋さんはそれなりに頑張っている印象を持っています。
ただ、これから電子書籍がもっと幅を利かせる様になってきたらどうなっていくのかは分かりませんけれど。

そういえば電子書籍って雑誌少ない気がするんだけど、雑誌こそ電子書籍で購読権を購入して読むって言うスタイルが良いのでは無いかと思うんだけれども、なんで雑誌類は電子書籍になることが少ないのだろう?
本屋さんとの利権関係があるのかな?
雑誌がある限りは本屋さんがつぶれることは無いと言うのを聞いたこともありますし。

まぁ、そんな事を思いながらAmazonさんで興味の持てそうな新書を探しています。
何故新書なのかっていうと単行本だと単価が高いからというのと、かさばってしまい蔵書することが困難になるから。ただでさえシリーズものの小説の蔵書で手一杯なのですからなるべくスペースの取らない本が良いと思ったのです。
そう考えると新書ってのはビジネス書や教養本を多く刊行するサイズとしては面白いサイズだなぁと思います。
文庫よりは大きいのですが単行本よりも省スペース。そして記載されている内容もあまり分厚くならない様に調整されているように思えます。
本屋さんの新書コーナーであまり分厚い新書って見ませんからね。
手に取りやすい、読みやすい、蔵書しやすいって言うのを突き詰めていったのが新書なんじゃないかなと、ここのところ思っています。
もしかして新書最強なんじゃないの?みたいな。

勿論、小説なんかでは文庫の方が良いとかあるんでしょうけれど、新書のあの統一されたフォーマットって言うのはなかなかに興味をそそるモノがあるのです。
新書で刊行されている本自体より「新書」というスタイルが面白いような気がしてそっちに気が取られてたりして。(笑)
スポンサーサイト
Comments

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト