FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

悲報伝

悲報伝

西尾維新:著
講談社ノベルズ


このアイテムの詳細をみる
伝説シリーズ4巻目。
四国脱出ゲーム高知、愛媛編。とはいえ、空々くんは愛媛には殆ど入らないけれど。
魔法少女パンプキン=鋼矢と別行動になってしまったことで鋼矢が愛媛側、空々くんが高知側で活動していてそれぞれを描いています。
一貫して空々くんの行動を追いかけて描写しているイメージが有りましたが、重要な展開がある場合はそういう制限には囚われていないようです。
むしろ、空々くんより鋼矢の方が描写されていた分量が多い様な印象を持ちました。

悲恋が投入されてまぁ、なんというか最終兵器なのにこんなぼけぼけした感じのガイノイドですかというのはびっくりしたというか拍子抜けした感じですけれど、その悲恋をお供に空々くんの綱渡りは続くという感じで話は進んでいきました。空々くんが高知で綱渡りをしながらチームスプリングと危うい感じの同盟を結んで、その上でいつでも裏切れる様な行動を取っていくというのは、まぁ、彼らしいのですが、ちょっと天然でそれをやると言うよりもだんだんあくどさが出てきた感じになってきました。
それを意識してやってるのが少し悲しいな。最初は天然でただ、人の心が分からないだけの空気の読めないだけの少年だったのに、空気を読まないばかりか、人の心の裏を読もうとするなんかいけ好かないガキになってしまった感じがします。
仮にも主人公なのにあまり彼に好印象が持てないのは意図的なんでしょうけれど、だんだんその度合いが非道くなっている気がしました。
読めば読むほど空々くんがきらいになっていくので、読みにくさが増していくシリーズ小説ってのはどうなんだろう?

それとは対象的に好印象を与えて来るのが鋼矢。
彼女の動きの方が多分に打算が含まれているのにも関わらず、良い人に映る。そして良い人の様に彼女は行動してしまう。
それが空々くんとの対比になっていて面白い感じでしたけれど、上手く行かないという事を回りくどく回りくどく描いていくこの作品ですから、彼女のこの行動も、チームオータムが生き残るべく施した策も上手く行かないんだろうなぁと思って読んでました。
まさか結果があんな状態になるとは思っていなかったです。というか完全に鋼矢の思惑は上手く行かなかった状態でした。

結果的に空々くん、鋼矢で四国4県を巡る旅は網羅した感じですけれど、四国ゲーム終わってません。まだ続くって感じで終了していました。
伝説シリーズは一応、次の非業伝で終わるはずなんで、地球との戦いも何らかの決着をみて終わるのでしょうけれど、四国ゲームは終わってないし、地球との戦いは四国ゲームの間全然忘れ去られてるような状態だわ…本当に終わるのか不安になります。
冗長性をもって書かなければ、このシリーズの厚さであれば普通の小説数冊分はありますから、終わるんでしょうけれど、それだと伝説シリーズじゃなくなっちゃいますし。
どう決着つけるんだろう…。
先が読めない感じです。
そして、なんとなくですが、非業伝…読みにくそうだなぁ…。と思っちゃうんですよね。
スポンサーサイト
Comments

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト