FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

興味をそそる本がないなぁ。

普段ラノベばっかりなのでたまには新書やビジネス書でもと思ったんですけれど。
昨日、本屋にちろっと言った限りではあまり興味をそそられる本って言うのがありませんでした。
まぁ、じっくりと読みたい本を探すと言う時間のとりかたではなかったので、仕方ないという面はありますけれど。

しかし、ビジネス書って言うのは基本的に商社なんかに勤めていたり、自営業していたり、営業していたりする人向けに作られているなぁって感じるんですよね。
僕の様にSEを生業にしている人にとっては、あまり必要無いというか必要はあるんだけれども、本を買ってまでそのノウハウを吸収して実践してみようと思うレベルにまではならないというか。
であるなら、なんかこう、人生に役立つものとか、情報整理術とかそういった本の方に興味は流れるわけですよ。
そんなことを考えながら、本屋さんの本棚を眺めていましたが、昨日は運命の出会いはありませんでした。

それにしても、新書やビジネス書ってのは本当に色々出ています。
勿論ベストセラーになっているものから、そうで無いものまで多種多様。そのどれもがあるテーマをもって書かれているとなると、自分の目的や嗜好に合ったものを見つけ出すのは至難の業なのではないかと思えてきてしまいます。
なんとなく、漠然と読まなきゃと思っている間は、どういう本を読めば良いのかも分かりませんしね。
なんとなくでも良いからとっかかりを持って、本屋さんに行くという方がよさそうです。
小説なんかだと、決めやすいですけどね。ラノベなんかはそれこそ、表紙買いなんてこともしますし。

そんな中でも目を引いたのは奥野宣之氏の情報は1冊のノートにまとめなさい[完全版]と読書は1冊のノートにまとめなさい[完全版]と言う本でした。
ぱらぱらとめくったんですけれど、圧倒されてしまった。
情報や、読書ログを1冊のノートにまとめると言う方法、そしてその活用法、それによって何を得られるかが、氏の体験を元に書かれている本なのですが、そのノートの持つ情報量と、そのやり方のパワーに圧倒されてしまいました。
このノートを作る労力をかけれる人ってそうそう居ないよね?的な。
勿論、読んで実践してみたら面白いかも知れないですけれど、ちょっと敷居が高いなぁって思わせてしまう本の内容でした。何よりも口絵部分に載せられた実際のサンプル写真が。

何はともあれ。
やっぱしラノベばっかりってのも何ですし。少しテーマをもってなんか読んでみたいと言う気はしているんですけどね。
なかなか実践となると難しいものです。

情報は1冊のノートにまとめなさい[完全版]

奥野宣之:著
ダイヤモンド社

このアイテムの詳細をみる

読書は1冊のノートにまとめなさい[完全版]

奥野宣之:著
ダイヤモンド社

このアイテムの詳細をみる
スポンサーサイト
Comments

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト