FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

終物語 上

終物語 上

西尾維新:著
VOFAN:イラスト
講談社BOX

このアイテムの詳細をみる
物語シリーズの新作。予告されていたファイナルシーズンの2冊目ですが、実質的には暦物語が刊行されたため3冊目。しかも上下巻にわかれてしまった上巻という事になります。

今回のヒロインは忍野扇という事になるのでしょうけれど、扇はどう考えても敵なキャラクターなんですよね。言動がそもそも信用出来ないうえ、一瞬で阿良々木くんの意識を操作している風なキャラクターです。
いくら話術が巧みであろうと、阿良々木君がうかつであろうと、作中で語られる言葉だけで阿良々木君の意識を操作出来るわけがないと思うので、実際は何らかの術的なものを利用しているのだと思いますが、それはまだ明らかになっていません。
このキャラクターはセカンドシーズンから出ていますが、キャラクターによっては忍野メメの甥であると認識していたりと、性別すら一定していないキャラクター。
謎しかないというのがこの忍野扇の特徴といえば特徴です。
その危険性に羽川さんは気がついて何らかの対処を取ろうとしているという所ですね。羽川さんの卒業旅行の理由がそんな所にあったというのが語られました。
その忍野扇とちょっとしたミステリに巻き込まれてそれを解決していく話。
最後には扇ではなく羽川さんにバトンタッチしているのですが、阿良々木君の記憶をたどっていく話でもありました。

その中でミステリの中心人物として出てくる老倉育というキャラクターが今回の本当のヒロインなんでしょう。
阿良々木君の失敗によって、阿良々木君の忘却によって精神を病んでしまって追い詰めてしまって行き着くところまで行き着いた彼女が、まがいなりにも救われて回復するストーリーとなっています。
3話構成でドンドン阿良々木君と老倉さんの過去へ記憶をさかのぼっていく話なんですけれど、始終、阿良々木君が悪いという様な印象で語りが進んでいきます。ですが、僕には阿良々木君には扇が語るような、阿良々木君が感じているような失敗はないなと思いました。老倉さんが1人でどつぼにはまっていく話と感じられ、阿良々木君は責任を感じているのですけれど、それは阿良々木君が自分を追い詰めているだけで、彼には実際には責任はないんではないだろうか?と思いました。火憐と月火が言っていた通り、老倉さんの様な子とは何度も接していて記憶に残っていない、それが阿良々木君の精神状態だったのではないかと思うのです。あまりに日常すぎて、それを忘れてしまう。それをしれっとした顔で攻め込んでくるのが忍野扇というキャラクターです。
あの羽川さんですら、それを止められない、それに荷担してしまう結果に陥るというようなキャラクターです。
このキャラクターとの戦いが下巻、そして続・終物語で語られるのだろうと思っています。

しかし、これまでの物語シリーズの印象とがらっと印象が変わっていて、戯言シリーズや伝説シリーズの様な印象を受ける巻でした。
読みにくい。
そして気持ちが悪い。やっていることは普段の物語シリーズと変わらないのに、真宵や戦場ヶ原さんの出番が少なかったり、扇というキャラクターが中心に来るだけでこんなにも雰囲気が変わるものなのかと思いました。
物語シリーズの半分おちゃらけたようなライトなイメージが好きな方は、この巻は辛いかも知れないです。
たぶん、ここから先はこの雰囲気が付きまとってくるんだと思います。覚悟しておかないとなぁ。
スポンサーサイト
Comments

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト