FIL:Blog

とりあえず日々思ったことなんかをつらつらと。

 

有頂天家族

1クール13話。
非常に面白かった。なんか完璧でしょうこれと言う作品。
人に化けて暮らす狸や天狗が、京都の町を舞台に引き起こす騒動を描いています。
勿論キーになるのは人間との関わり合いですが、人をまねて面白楽しく生きていこうと言う狸の人生観が凄く面白かったです。
ただそれだけではなくて狸には狸なりの社会があって、人間が無くしてしまった寄合の関係性とかそんな中での権力闘争や陰謀や謎なども話しに盛り込まれていて、笑いあり、涙ありとしっかりと楽しませてくれる。

狸の視点から見た人間の怖さを狸鍋で表現していたり、普段、人間の前で飄々として人に化けている狸たちが、狸鍋を食べる人達の前では恐怖のあまり化けれないとか、なんかいちいちコミカルなノリで展開される。
そうかと思いきや、主人公矢三郎の父親で狸たちのまとめ役であった総一郎が鍋にされた謎とか、その責任を矢三郎の兄である矢二郎が感じていて引きこもってカエルになっているとか、ただコミカルなだけではない部分もあって凄くバランスがとれた良作でした。
最後の大騒動もカラカラと笑いながら見られて凄く気が晴れるアニメだった。
久しぶりに、見ていてこんなに気持ちが良い作品に出会った気がします。

赤玉先生、それ、略取誘拐じゃねーの?と言わざるをえないんだけど。
弁天さんは赤玉先生に出会ったあと、ちゃんとおうちに帰ってたのかしら?

スポンサーサイト
Comments

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング

ぽちっと押されよ。
プロフィール

はがね

Author:はがね
日記は思考が結構、鬱っぽいので鬱日記になること多し。
購入して読んだ活字媒体と購入したCDのレビューやってます。
オタなので、ジャンルはオタ方向に傾倒。

チベタン・スパニエルという珍しい犬種の愛犬記事もありまする。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アフィリエイト